ミスに強くなったパター界の王道!PING「2021パター ANSER2」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

PINGがツアープロの要望を集約した「2021パター」を発売しました。その中で今回は、ミスに強くなったANSER2を、クラブフィッターの小倉勇人さんに解説していただきました。

PING 2021シリーズ ANSER2:形状の特徴

【スポナビGolf】

ゴルファーならANSERという名前はほとんどの方が聞いたことがあると思います。ブレードタイプと言われる形状で、トゥ側とヒール側に重さを配分して作っているパターです。

このブレード型を開発したのがPING。現在、全世界のゴルフクラブに浸透している非常に偉大な形です。

【スポナビGolf】

ブレードタイプの元祖であるPINGが、今回ツアープロの要望を集約して現在の技術でしっかり作り込んだパターが2021シリーズのANSER2です。実際打ってみてもやさしさを感じるモデルです。

PING 2021シリーズANSER2:性能の特徴

【スポナビGolf】

トゥ側とヒール側に重量を配分しているので、この細めの形の中では割とミスに強く、芯を外してもヘッドがブレにくい設計です。全体のヘッドの素材よりも重いウェイトをトゥ側とヒール側に埋め込むことで、見た目以上にミスに強くなっています。

極端な操作性の違いは感じないので、ANSERらしいフェースターンさせやすい気持ち良い振り心地です。

【スポナビGolf】

インサートも今回新開発でしっかり作り込んでいます。表側は比較的柔らかめのペバックス(PEBAX)という素材を使ってソフトなフィーリングを作り出しつつ、その後ろに少し硬めの同じPEBAX素材を入れ込む二重構造で打音を追求する形に作り込まれているので、大きなインパクト時には音が響く設計になっています。

音の響きや大きさは距離感に大きく影響するので、手に伝わる感触だけではなく耳からの情報も作り出す設計になっています。これこそツアープレーヤーの要望です。

おすすめのユーザー

やさしいミスに強いパターに仕上がっていながら、振り心地は違和感なくしっかり操作性が維持されてます。
PINGパターが好き、ブレードタイプが好きでミスにより強いパターを探している方にはおすすめのモデルだと思います。ブレードタイプを愛用してる方は取りあえず試してみても損はないと思います。それぐらいよく出来てると思います。

ANSER2とANSER4の違い

クランクネックが採用されたモデルがANSER2です。この他同じブレードタイプでショートスラントネックを採用してるのがANSER4です。

【スポナビGolf】

ANSER2の方は球のつかまりが良くオートマチックな感じがあります。それに対してANSER4は支えたときのヘッドの垂れがトゥ側が重くなるようになっているので、より操作性が高いといわれています。

感じ方に個人差はあると思いますが、同じ形状から振り心地によって選択できるのはとてもいいラインナップだと思います。ぜひ一度試して欲しいパターです。

PING ブレード型パターをチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧