使い手を選ばない高級モデル!オデッセイ「トゥーロン CHICAGO パター」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

パターデザイナー設計の高級モデル、オデッセイ「トゥーロン デザインパター」。そこで今回は2020年モデル「トゥーロン CHICAGOパター」の特徴をクラブフィッターの小倉勇人さんに語っていただきました。

トゥーロン パター CHICAGO(2020)

オデッセイ「トゥーロン デザインパター2020」

ショーン・トゥーロン というパターデザイナーがオデッセイに加入して、オデッセイの高級ラインとして2019年からさまざまなモデルを展開しています。

今回ご紹介するのは、2020年モデルのトゥーロン CHICAGOというモデルです。より細かいところまで手が入ってる印象があり、より所有感の高いモデルになっています。

性能の特徴

【スポナビGolf】

最新のSTROKE LABシャフトを搭載して、オデッセイの持ってる技術もしっかり使いつつ、トゥーロンのノウハウ、ヘッドの形状のこだわりが細部に入ってます。

【スポナビGolf】

ダイヤモンドミル・フェースという菱形のミルドフェースで、インサートは入ってません。金属ステンレスの打感が味わえる重厚なものに仕上がっています。

ガチッとした硬い打感ではなくソフトな打感を作り込んでいるので、高級パターらしい重量感があり、振り心地の良いモデルに仕上がっています。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

CHICAGOモデルはベントネック形状で、トゥ側が下がるフェースバランスでない状態に仕上げていて、フェースをローテーションしてアークにスイングしやすい仕上がりになっています。

試打の感想

試打してみると、STROKE LABシャフトのしっかりした剛性感とヘッドの重量感があり、ヘッドのブレが少ないガシッとした振り味が味わえました。

しっかり球を捕らえたときコンという感じはありますが、嫌な振動もなく、適度にソフトな打感を感じました。2、3球打つだけでしっかり作り込んでるなという印象を受けました。

オートマチックに使いつつ、少しローテーション出すこともできるので、まっすぐ振りたい人にも使いやすいパターだと思います。作り込まれているが使い手を選ばない、幅広い作りにできているパターだと思います。

おすすめのユーザー

基本的に誰が使っても結果が出ると思います。ただ、重量が極端に軽いパター、重いパターを好む人はちょっと物足りなく感じるかもしれません。

自分の思うとおりに動かせる使い手を選ばないパターです。ぜひ一度試してみてください。

トゥーロン パター CHICAGO(2020)

オデッセイのパターをチェック

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧