マレット型パター初心者におすすめ!PING「HEPPLER FETCH」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

マレット型のパターが苦手な人、ブレード型から切り替えてみたいと思っている人、必見です。今回クラブフィッターの小倉勇人さんが、構えやすくて操作性も加わったマレット型パターであるPING「HEPPLER FETCH」を試打。その特徴を解説していただきました。

HEPPLER FETCHの性能の特徴

【スポナビGolf】

HEPPLER (ヘプラー)というモデルは、外周の茶色い部分を比重の重いステンレス素材で、黒い部分を比重の軽いアルミニウム素材にした複合素材で作られています。そのような構造にすることで、重量を左右に分けてミスに強いヘッドにするように設計されています。

【スポナビGolf】

真ん中に重さがあるより左右にあった方がヘッドのブレは減るので、芯を外してもヘッドがブレにくく、方向がブレにくい作りになっています。

マレット型には後方に重心があるモデルが多いのですが、今回のHEPPLER FETCHモデルは、前寄りの重心設計になっています。これにより比較的ヘッドが動かしやすくなり、マレットの投影面積が大きくて構えやすく、操作性が加わったパターに仕上がっています。

【スポナビGolf】

今回のFETCHモデルは、2本のサイトラインを入れることで、フェース面の向きが分かりやすくなっています。

【スポナビGolf】

さらに、特徴的なのが真ん中の丸い穴。構えたときにボールと丸が2個並ぶように見えるので、フェース面がよりどこを向いているか分かりやすくなります。

合わせるときは2本の線でフェース面を見て、ストローク中には丸ボールを丸いヘッドにぶつけるようなイメージが湧きます。

【スポナビGolf】

一般のマレット型より、構えた見た目の情報量が少ないというのもこのパターの良いところの一つだと思います。

試打の感想

【スポナビGolf】

ステンレス製でインサートのないフェース面なので、パチンとしっかり打てます。弾く打感・打音を感じたい方におすすめのパターです。

強い転がりを生みやすい飛ぶパターで、ヘッド重量は極端に重くないのでパンと飛んでいくイメージは湧きづらいです。

おすすめのユーザー

ブレード型を長く使っていてマレット型を試してみたい人には、入門用としてとてもおすすめです。マレットの良さである構えやすさと、ブレードの操作性を兼ね備えている今回のFETCHは非常に良いと思います。

【スポナビGolf】

個人的にすごく気に入ってる部分は、ボールが簡単に丸く空いた部分にスポッとはまるので、腰を曲げずにボールを簡単に拾うことができるところ。思った以上に楽なのでちょっとクセになるかもしれませんよ。もちろん、性能もしっかりしたパターなのでぜひ一度試してみてください。

PINGの他のパターもチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧