楽に振れるドライバーがほしい人に◎ タイトリスト「TS1 ドライバー」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回はアスリート向けのタイトリストのシリーズの中で、一番球をつかまえやすく軽量でラクに振れるドライバーである「TS1」を鶴原弘高さんが試打。その特徴を解説していただきました。

タイトリストTS1の特徴

タイトリストTSシリーズはヘッドタイプが4モデルあり、なかでもTS1は一番球をつかまえやすく軽量のモデルになってます。

【スポナビGolf】

とてもオーソドックスなヘッド形状で構えやすく、打感も結構いいんです。

【スポナビGolf】

ネックにSURE FIT®ホーゼルという調整機能があります。4つのセッティングを持つスリーブとリングがあり、16通りのロフト角とライ角の組み合わせを設定することができます。TS1を使ってもまだ球をつかまえづらいという人は、このカチャカチャでアップライト側に調整するのがとても有効です。

具体的に言うと、標準ポジションのA1をB1やC1などにすると、よりアップライト気味になり球がつかまえやすくなります。自分に合うように調整もできてしっかり振れるので、いろいろなゴルファーに合うモデルです。

【スポナビGolf】

他メーカーの球がつかまるモデルと比べると、TS1はちょっと振っていける仕様です。シャフト自体は三菱ケミカル製Titleist Diamanaのオリジナルの50g台ということになってますが、振ってみると芯が通ったようなシャフトになってます。

おすすめユーザー

ヘッドスピード43くらいで振っても全然OK!ヘッドスピード45くらいで打ってもそんなに頼りなさを感じずに打っていけるモデルになっているので、スライサーだけでなく、球筋をドロー系にしたい人にもおすすめのモデルです。

球がつかまるモデルの中でも、どちらかというとヘッド性能はニュートラル寄りで、右には出しづらいモデルです。まっすぐからドローが打ちやすいモデルという感じだと思っていただければいいでしょう。

口コミ

総合評価 ★★★★★☆☆ 5.8口コミ38件

PPSSKK
年齢:46歳 性別:男性 ゴルフ歴:1年~3年 平均ヘッドスピード:36m/s~40m/s 平均スコア:100~109 平均ラウンド数:月に2回は行きます
ヘッドが非常に軽く、球が吹け上がる印象。フォローの時は飛距離が出るが、あげてるとかなり厳しい。飛距離より高さを重視したヘッドだと思う。ただそれでもタイトリスト。細部の作りは本当に美しい。またヘッドカバーも合皮だが暑く丈夫… [続きを読む]
いまりゅう
年齢:54歳 性別:男性 ゴルフ歴:6年~10年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:月1くらいかな
こちらの口コミを見て興味があり、探していたところVR6Sがささった物を見つけました。重量は300gでバランスD1です。ヘッドが軽いのでとても振りやすくHSが上がった結果、距離も伸びました。トラックマン計測にてHS42にて… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

タイトリストの他の旧作ドライバーもチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧