初めてのヨガで「しまった」! 時間がなくて早着替えにATMにダッシュ?生徒さんのリアルな失敗談

ヨガジャーナルオンライン

【Adobe Stock】

春です。何かを始めたくなる季節です。今年は「ヨガに挑戦してみよう!」そう思っている方も多いのでは?“初めて”は誰にでもあることだけれど、ヨガにおけるそれはちょっと特別な感じがするかもしれませんね。
そこで今回は“初めてのヨガ”でやらかしてしまった失敗談を生徒さんに赤裸々に語ってもらいました。
今、ドキドキした気持ちでレッスンの日を待っている方はぜひご一読ください。

迷子になって早着替え

初めてのヨガ、ということはそのスタジオに足を運ぶのももちろん初めてですよね。
以前から気になっていた駅チカのスタジオというのであれば問題ないと思うのですが、意外と多いのがスタジオの場所がわからなくて“迷子”になってしまう生徒さん。
実はこれ……筆者の体験談でもあります。
スタジオによっては、マンションの一室だったり駅から離れていたり、パッと見てわからなかったりして迷ってしまうんですよね。
ですが、問題は迷子になったあと!
スタジオの設備やレッスンの内容・料金の説明を聞いたり、なかには健康状態の確認から誓約書を書くようなところもあります。それから着替えとなると、レッスン開始までに時間の余裕がなくなってしまうのです。
ただでさえドキドキしながらの参加なのにバタバタとせわしなく、ひと息つく間もなくレッスンが始まってしまったらどうでしょう。
当日は、時間に余裕を持って向かうことと、迷いそうだと思ったら地図アプリを使ったり、スタジオの連絡先を控えておいて電話をかけられるようにしたりしておくと安心ですよ。

クレジットカードが使えずATMにダッシュ

次は、A子さん(ヨガ歴1年)の体験談。
体験レッスンを受け、その流れで入会を決めたところまではよかったのですが、料金の支払い時に問題発生!
そのスタジオはクレジットカード決済を取り入れておらず、“現金での支払い”しかできなかったのです。
「ここ最近、キャッシュレス生活だったので現金の持ち合わせがなくて……。近くのATMまで走りました!」
現金を手に戻ってきたときには汗だく、息切れ状態で、せっかくのいい気分はどこへやら。
ウェブサイトに決済方法を記載しているスタジオも多いので、あらかじめチェックしておいたり、予約を取るときに確認しておいたりするのもよいでしょう。

内容より時間で予約をして失敗

レッスンの予約を取るとき。
クラスの内容で予約を取る方と、参加できる時間が限られているからと時間を優先する方に分かれます。
B子さん(ヨガ歴3年)も後者。
「仕事の都合で、参加できるレッスンが限られていたんです。それが結構ハードなクラスで」
無理をして参加したことで身体の使い方が分からず、後日激しい筋肉痛に襲われて後悔したそう。
怪我がなかったからいいのですが、レッスンの内容は徐々にステップアップしていくのが望ましいので、慣れるまでは内容を重視することをオススメします。
予約を取るときに、どのクラスが合っているのかを相談して選べば安心して参加できるでしょう。

炭酸水でゲップ、硬水は……

最後はC子さん(ヨガ歴2年)のお話し。  
普段から飲み慣れている炭酸水と、念のためにスタジオの近くで購入した硬水の2本を持って準備万端で臨んだのですが……。
「とにかくゲップが……。水に変えようと思って飲んだのですが、硬水は飲み慣れていなくて思いのほか進みませんでした」
炭酸水が絶対にダメとは言いません。ですが、炭酸ガスが胃液と混ざり合うとゲップがでやすくなります。ヨガの動きで胃腸への刺激も加わりますから、人によっては気分が悪くなることもあるでしょう。
基本的には、常温の水。それも“飲みやすい”水を用意しましょう。
硬水が苦手な方は軟水で、適度に水分を補給しながら参加してくださいね。
以上、生徒さんに聞いた「初めてのヨガでの失敗談」をご紹介しました。
ほかにも心配事はいろいろとあると思うのですが、ひと通り備えたらあとはリラックスしてレッスンを楽しむ気持ちで参加してみてくださいね。
ライター/高木沙織
ヨガインストラクター。「美」と「健康」には密接な関係があることから、インナービューティー・アウタービューティーの両方からアプローチ。ヨガインストラクターとしては、骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスなどボディメイクをサポートし、野菜や果物、雑穀に関する資格も複数所有。“スーパーフード”においては難関のスーパーフードエキスパートの資格を持つ。ボディメイクや食に関する記事執筆・イベントをおこない、多角的なサポートを得意とする。2018〜2019年にはヨガの2大イベントである『yoga fest』『YOGA JAPAN』でのクラスも担当。産前産後ヨガインストラクター資格、Core Power Yoga CPY(R)、筋膜リリースヨガインストラクター資格を保有。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ヨガジャーナルオンライン

世界のヨガ情報を発信するニュースメディア。ボディメイクに役立つポーズや不調を解消するメソッドのほか、ファッション、ヘルシーフード、ヨガを愛する著名人へのインタビューなど、ビューティ&ヘルス系の最旬トピックスを配信します。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧