【徹底解説】ツアープロが求める!オノフ「KURO シリーズ」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

多彩なテクノロジーを搭載し、素材にもこだわったアスリート向けのオノフ「KURO シリーズ」。今回はKUROシリーズのクラブを、クラブフィッターの小倉勇人さんにその特徴を解説していただきました。

オノフ「KURO シリーズ」

ONOFFは「AKA」と「KURO」というブランドに分けられていますが、KUROはアスリート向けでしっかり叩いていける、球をコントロールしたい人向けのブランドです。

ドライバー KURO

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

トゥ側、ソール後方、ヒール側に、3g、7g、2gの3つのウェイトが付いています。3か所のウェイトスクリューを調整することで弾道をコントロールできるようになっています。

【スポナビGolf】

AKAにも搭載されているパワートレンチですが、AKAの方はソールの剛性を高め、クラウンをたわますことで高い球を打たせるような形で使われています。こちらはKUROドライバーに最適化した構造で、より最適な弾道を打たせようという使い方になってます。

【スポナビGolf】

シャフトは、HASHIRI(ハシリ)・SHINARI(シナリ)・TATAKI(タタキ)の3タイプのシャフトがありますが、現状SHINARI:50Kというシャフトが入っています。

試打できる人は他のシャフトも試されるのもいいのですが、このまま使っても十分操作性のいい、扱いやすいクラブに仕上がっています。

フェアウェイアームズ KURO

【スポナビGolf】

フェアウェイアームズ KURO は、番手のラインナップが3番、4番、5番、7番になっています。

【スポナビGolf】

3番ウッドはラディカルスプーンというかたちで別になっていて、素材も他のモデルと違っていて飛距離に特化した仕様になっています。

他のモデルはステンレスヘッドにマレージングフェースの仕様になってますが、3番ウッドはボディがチタン。フェースもチタン。ソールの大きな部分もタングステンという比重の重い金属を使ってます。

ソールの後方に比重の重いタングステンを使用することで、重心を深く低くして、低スピンの強い弾道が打てるようになります。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

フェース面にチタンを使うことで広い反発エリアが作れ、ボディ自体もチタンを使うことで、より余剰重量が大きくなるので、比重の大きいタングステンの部分を広く使うことができます。

【スポナビGolf】

ソールはボコボコと凹んだ形のスムースポッドソールになっていて、インパクト直前の接地面を減らすことで、すべりが良く抜けの良いソールを作っています。

ひとくくりにフェアウェイアームズ KUROとなってますが、3番、4番、5番、7番と役割に合わせて設計を変えた凝った作りのフェアウェイウッドです。

オノフ フェアウェイ アームズ KURO(2019)

フェアウェイウィングス KURO

【スポナビGolf】

フェアウェイウィングス はオノフ独自の呼び方で、いわゆるユーティリティのことです。

【スポナビGolf】

特徴は、ソールがちょっとずつボコボコと削れていて、スムースポッドソールトイと呼ばれています。インパクト直前の地面の面積を少し減らすことで、抜けがよくスムーズに振り抜けるような工夫になっています。

【スポナビGolf】

他のユーティリティと比べるとフェース面が厚く、アイアンのようなイメージ出て構えたときに面が見えて安心感があります。

フェースを縦に大きくするとヘッドも縦に大きくなるので、重心が高くなりがちに思われますが、弾道はしっかり適度なスピンでグリーンで止まり、高さの出た弾道が打てます。

安心感があり、ソールで抜けが良く狙っていけるような仕上がりになってます。

オノフ フェアウェイ ウィングス KURO(2019)

アイアン KURO

【スポナビGolf】

特徴的なところは、顔です。普通のフォージドアイアンよりも少しブレードを厚めにして、やさしい顔に仕上がってます。

ボディはフォージドなので、ライ角やロフト角の調整もできます。

【スポナビGolf】

マッスルバックぽくちょっとハーフキャビティぽく見えますが、中空構造になってるので、キャビティ効果で芯を外してもミス・ロスが少なく安定した弾道が打ちやすくなってます。

【スポナビGolf】

フェース面は、少し硬めの特殊バネ鋼素材を使って薄くすることで、より重量配分が正確にできるようになってます。

【スポナビGolf】

ソールはアスリート向けでは厚めに設計されてますし。KUROのブランドなので球の操作性はしっかりあります。

どこで打ったかという情報をしっかり伝えてくれます。打感は柔らかいですがとても気持ちいいです。今風のツアープロが求めるアイアンの印象。ぜひ一度試して欲しいと思います。

オノフ フォージド アイアン KURO(2019)

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧