作り込まれたシニア向けクラブ!ダンロップ「ゼクシオ プライム ハイブリッド」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

飛びやすさや爽快な打球音で多くのゴルファーの支持を集める、XXIO(ゼクシオ)シリーズ。今回は「ゼクシオ プライム ハイブリッド」をクラブフィッターの小倉勇人さんに試打してもらい、その特徴と感想を語っていただきました。

ゼクシオ プライム ハイブリッド(2021)

ゼクシオ プライム ハイブリッドの特徴

ゼクシオ プライム はゼクシオ イレブンのさらに上に位置するブランドで、ひと言で言えばシニア向けクラブです。ただ、しっかり作り込まれていてゴルフをエンジョイするために使いやすい仕様になってます。

【スポナビGolf】

CANNON SOLE(キャノンソール)というテクノロジーが搭載されてます。ヘッド内部の肉厚な部分を少し大砲のような形にすることで、低重心を維持したままフェース周辺のソール部をたわませることで反発が向上し、飛距離アップを実現させる技術です。

ヘッドスピードが自分で生み出せない方に向けたクラブなので、飛距離性能は大事になります。特にユーティリティは芝の上から打つので、フェースの下側で当たりやすいですから、そういった技術は楽に飛ばすのに必要です。

試打で感じた特徴

非常に重心も深く、フェアウェイウッドに近いくらいの形状で、非常に球は上がりやすいです。

おすすめのユーザー

【スポナビGolf】

ゼクシオ プライム ハイブリッドは、番手がH5、H6、H7、H8と4種類用意されていて、それぞれロフトが23,26,29,32となってます。29、32度は、番手でミドルアイアンの飛距離になると思います。

個人差はあると思いますが、やはり自分のパワーが無くなるとアイアンも球を高く打ち出すのが大変になり、安定した距離を打つのが難しくなってきます。そんなときに活躍するのがハイブリットかなと思います。

【スポナビGolf】

長くなるとミート率は上がりにくいという印象はありますが、このクラブはミスに強いヘッドのおかげで簡単にヘッドスピードを生み出しやすくなり、グリーンを狙うショットも楽に打てるようになってくると思います。

少し体力が落ちててきたなぁと感じてきた人などは、ゼクシオ プライム ハイブリッドで若い頃のロングアイアンの弾道をもう一度楽しみましょう。

ゼクシオ プライム ハイブリッド(2021)

ゼクシオのハイブリッドをチェック!

ゼクシオ エックス ハイブリッド

ゼクシオ イレブン ハイブリッド

ゼクシオ プライム ハイブリッド(2019)

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧