パワーがなくても飛ばせる!ダンロップ「ゼクシオ プライム ドライバー」 

スポナビGolf

【スポナビGolf】

飛びやすさや爽快な打球音で多くのゴルファーの支持を集める、ダンロップ「XXIO(ゼクシオ)シリーズ」。そこで今回は、「ゼクシオ プライム ドライバー」をクラブフィッターの小倉勇人さんに試打してもらい、その特徴と感想を語っていただきました。

ゼクシオ プライム ドライバー(2021)

ゼクシオプライム の特徴

皆さんゼクシオというブランドはほとんどの方がご存じだと思いますが、ダンロップが出してるブランドで、20年連続クラブ販売NO1を取った「ゴルフ界の横綱ブランド」と言われています。

アベレージゴルファーに向けて設計されていて、やさしさはもちろん、爽快感や持つ喜びまでしっかり作り込んでいて、非常に凝ったブランドです。

今回のゼクシオプライムというブランドは、パワーがなくヘッドスピードが遅くても、気持ちよくゴルフが出来るクラブとして作られています。軽量に作られてまして作り込みも非常にしっかりしています。

【スポナビGolf】

今回のゼクシオ プライム ドライバーは、アスリート向けブランドのスリクソンのヘッドにも使われているREBOUND FRAME(リバウンドフレーム)というテクノロジーを搭載。フェースの周りの支える部分を剛性の高いエリアと低いエリアを交互に配置し、大きなたわみを生み出す4層構造になっています。

【スポナビGolf】

さらにフェース面はフラットカップフェースという構造になっていて、フェースの厚みをできる限り均等にし、フェース全面の反発性能を上げる構造になっています。

【スポナビGolf】

何より持つと非常に軽いんです。Rシャフトで254gと非常に軽く出来ていてます。270gを割った時点ですごい軽量と言われる時代の中で、250g台というのは驚異的な軽さです。

ただし、パワーのある人が軽いクラブを振ると確かにヘッドスピードは出ますが、ちょっとでも芯を外したりすると当たり負けしやすくなりますので、「パワーが無い人」や「どうしても速く振れない人」が長く軽いクラブを持つと良いと思います。

試打で感じた特徴

【スポナビGolf】

このゼクシオプライム は、長さ46.5インチで250g台の軽さを実現しているので、本当にさらっと振るだけで強い弾道が打てます。

スライスを軽減させるような設計になっているので球もよくつかまります。その分強い球が出るので他のクラブよりは前に飛ぶ感じがあり、ちょっと球が上がりづらいです。

【スポナビGolf】

ロフト角10.5度と11.5度があります。ロフトも多いものを選んだ方がより安定して飛ばせるかなという印象です。

おすすめのユーザー

個人的にはゼクシオ プライムなど最軽量に位置するクラブというのは、ゴルファー寿命を長くしてくれる希望のクラブだと思ってます。

長いラウンドで体力低下を感じたり、ヘッドスピードが落ちてきても、飛距離やスコアを追求して長くゴルフを楽しめる最高のクラブだと思います。ぜひ一度試してみてください。

ゼクシオ プライム ドライバー(2021)

ゼクシオのドライバーもチェック!

ゼクシオ プライム ドライバー(2019)

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧