【試打計測】スリクソンの最新ボール「NEW Z-STAR & Z-STAR XV」を打ち比べてみた

スポナビGolf

【スポナビGolf】

海外でも活躍する松山英樹プロが使用するツアーボール「スリクソンZ-STARシリーズ」。今回は、スリクソンの最新ボール「NEW Z-STAR & Z-STAR XV」をティーチングプロの石井良介さんに試打計測してもらい、その感想を語っていただきました。

NEW スリクソン Z-STAR ボール(2021)

NEW スリクソン Z-STAR XV ボール(2021)

スリクソン「Z-STAR シリーズ」

スリクソンと言えば、松山英樹プロをはじめ、多くのプロゴルファーが使っているツアーボールです。

一番飛ぶツアーボールという方もいらっしゃる通り、とにかく飛びます!かつ、グリーン周りでのアプローチのスピンや、アイアンショットでボールをコントロールするボールを目指して作られている日本の代表的なボールブランドです。

ちょっと硬めのZ-STAR XVと柔らかめのZ-STAR、この2種類がどのように違うのか。今からドライバー、アイアン、ウエッジを使って試打をしてみます。

ドライバー試打:使用したクラブ スリクソンZX7(ロフト角9.5度)

【スポナビGolf】

■Z-STAR

いつも使ってるボールと比べるとフェースに乗ってる感じがします。柔らかいという感じで、潰れるというよりは割りと弾いている初速です。

柔らかいボールは、フェースに当たったときに潰れすぎて重たく感じることがあるので、私は割と硬いボールで弾き感のあるボールを選ぶことが多いです。ただ、今回のZ-STARは、打ってる感触は柔らかさは感じるけど、ボール自体はちゃんとポンと初速が速く出る感触がして弾き感があります。柔らかいボールだなと思って打ってる割には、結構弾いてくれる不思議な感じが正直な感想です。

【スポナビGolf】

球の高さも程よい感じの中弾道です。基本的に私はスピンが多めで3000回転入ってますから、これは柔らかめの純正シャフトも影響しているかもしれません。もう何百回転か落とした方が距離に繋がるかなと思って打ってます。

【スポナビGolf】

■Z-STAR XV
Z-STARとは明らかに別のボールだという印象を受けました。XVの方が弾き感も断然違うし、硬めなちょっと高い音がすると思います。Z-STAR XVの方が初速も出てる感じはしますし、ほんの少し打ち出しが高い感じもします。

飛んでる球筋を見たらXVの方が強いなと感じます。プロゴルファー仲間でも「スリクソン飛ぶよね」という意見は多いです。スピンが欲しいけどやはり飛ばしたいというときに選択肢として試していただくと良いと思います。

【スポナビGolf】

フェースに乗ってる感じが欲しかったら通常のZ-STARの方が良いかもしれないですし、当たった瞬間にポンと弾いてくれる感じが好きな方は、Z-STAR XVの方がお好みかもしれないです。

アイアン試打:使用したクラブ スリクソンZX7アイアン(ロフト角32度)

【スポナビGolf】

■Z-STAR
163.2ヤード出ています。Z-STARをアイアンで打つと、ドライバーで打ったときよりもZ-STARの柔らかさやフェースに乗ってる感じが伝わってきます。
ボールが柔らかい方が、アイアンで打ったときにスライスやフックをかけるイメージが湧きやすい、ボールに意図を伝えやすいと思います。柔らかいボールは先入観で飛ばないイメージですが、今回7番アイアンで打ってる限り、十二分にいつも通りの距離が出ています。

【スポナビGolf】

■Z-STAR XV
打った手応え感やかたまり感みたいなものはZ-STAR XVの方が感じます。あとはやはり初速ですね。普段7番で165くらいですが、実際キャリー170でて、スピンがちょっと減ってる感じです。キャリーで5ヤードくらい伸びて、170くらい飛んでる感じなので、結構好印象です。

【スポナビGolf】

初速がすごく出ています。ボールを換えただけで、同じクラブで同じ人が打って、スピンがちょっと少なくなって初速が出ていて、その分キャリーが5ヤードくらい伸びてます。
スリクソンZX7アイアンは決して飛び系でなく、ロフトがスタンダードなモデルです。これだけ飛んでくれるというのは、ボールの違いがハッキリ分かりやすくていいと思います。

ウェッジ試打:使用したクラブ クリーブランド RTX ZIPCORE(ロフト角58度LOWバウンス)

【スポナビGolf】

■Z-STAR
ボールのスピン性能などをみたいので、フルショットではなくて50〜60ヤードくらいのところから打ってみたいと思います。

正直、ウェッジで打ったときにドライバーやアイアンのときより、よりに柔らかいです。全然ボールに当たってないというか、衝撃がないくらい柔らかさが伝わってきてちょっと新鮮です。

今50ヤード打ってて、1000回転スピンが入って結構スピンはしっかり入りますね。フェースにカチッと擦ってる感じではなく、ボール自体がグニュっと潰れてるといった手応えです。

【スポナビGolf】

どんどん飛ばす距離を落として打ってますが、フェースに乗る感じは変わらず、柔らかく打った瞬間飛んでるボール自体もゆっくり見えるので、硬いグリーンとか速いグリーンに手で投げているような柔らかくパスできるようなフィーリングです。

【スポナビGolf】

■Z-STAR XV
また50〜60ヤードくらいから打ってみたいと思います。

何となくZ-STAR XVの方がスピンが効いてる感じがして、スピン量にもそれが表示されています。音も違う音に聞こえていてXVの方がちょっと高めの音が聞こえます。

個人的にはウェッジでもこれくらいフェースに「カチッ」とソリッドな感触がする方が好きですね。

【スポナビGolf】

ドライバー、アイアン、ウェッジ、どれで打ってもボールが換わるとまったく別の印象を受けるので、好みがハッキリするのではないかと思います。

ドライバー、アイアン、ウェッジで試打した感想まとめ

ドライバー、アイアン、ウェッジと実際打ってみて、打つ前に持っていたイメージからやはり進化しているのが数値の面でも感じました。打った手応え、フィーリングでも感じることができました。私がどちらを使うか聞かれたら「Z-STAR XVを使うかな」と思います。

【スポナビGolf】

高弾道でスピンを減らして飛ばしたい人は、Z-STAR XVの方が合ってると思います。

【スポナビGolf】

逆に、ちょっと柔らかい球で操って攻めたい人は、Z-STARの方を選べば良いかなと思います。

もちろん硬さや柔らかさといったフィーリングも重要な要素なので、打感や音だけでも選んで良いかもしれません。ただ、実際に今回のようにトラックマンで数値を取ってみると、明らかな性能差があるのが分かりますね。

この2つのボールを打ち比べると、自分に合ったボールがどれなのかを感じ取ることができると思います。ぜひ参考にしてください。

NEW スリクソン Z-STAR ボール(2021)

NEW スリクソン Z-STAR XV ボール(2021)

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧