【徹底解説】まだまだ人気モデル!ダンロップ「ゼクシオ イレブン シリーズ」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

ダンロップ社のゼクシオシリーズは、飛びやすさや爽快な打球音で多くのゴルファーの支持を集めています。そこで今回は、「ゼクシオ イレブン シリーズ」をティーチングプロの石井良介さんにまとめて試打してもらい、その特徴と感想を語っていただきました。

ゼクシオについて

いろんなゴルフクラブがある中で多くの人が評価をしているゼクシオ。目に見えない部分でもうちょっと飛ぶようになったりとか、もうちょっと球が上がりやすくなったりと進化しているクラブだと思います。

ゼクシオ イレブン ドライバーの特徴

【スポナビGolf】

従来のゼクシオはどんどん軽くなっていく流れでしたが、ゼクシオイレブンは前回のゼクシオ テン ドライバーに比べて10gほど重くなっています。

【スポナビGolf】

シャフトは少し軽くなっているのですが、グリップに「ウェイトプラステクノロジー」が加わり、グリップ側を重くしています。手元側にある程度重さを持たせ、真ん中は軽く、ヘッドの重さは変わらないことで、クラブが扱いやすくなったのが「ゼクシオ イレブン ドライバー」の特徴です。

【スポナビGolf】

実際打ってみると、手元に重さがあると扱いやすいというのがよく分かります。純粋に軽い物の方が速く振れると感じる人はゼクシオ テンを選べば良いし、手元に重さがある方が扱いやすいと思う人はゼクシオ イレブンを打ってほしいと思います。

ゼクシオ イレブン フェアウェイウッドの特徴

【スポナビGolf】

ゼクシオ イレブン フェアウェイウッドは、フェース面の金属も今までと違う金属を使っていて、実際試打をしたらものすごい弾き感がありました。

【スポナビGolf】

球を上げてくれる、弾いてくれるバランスがとてもいいクラブです。実際ゴルフ場で良いスコアでまわろうとするときに必要な性能が詰まっていると思います。

【スポナビGolf】

ゼクシオ イレブンのフェアウェイウッドもシャフトの重さは少し軽くなってますが、グリップの部分にウェイトプラステクノロジーが搭載されていて、手元が少し重くなっています。手元側に重さがある方が、振り抜きやすいと実感しました。

やさしいフェアウェイウッドを探している人は、ぜひどこかで試打していただきたいクラブです。

ゼクシオ イレブン フェアウェイウッド

ゼクシオ イレブン ハイブリッドの特徴

【スポナビGolf】

前作よりも、分厚く感じ、上から見ても肉厚でかたまり感がある印象を受けます。

【スポナビGolf】

ゼクシオ イレブン ハイブリッドも、グリップにウェイトプラステクノロジーが搭載されていて、クラブがすごく振り抜きやすくなっているのも特徴です。

試打をしてみると、上から叩けるように感じるクラブ、という印象です。

ゼクシオ イレブン ハイブリッド

ゼクシオ イレブン アイアンの特徴

【スポナビGolf】

基本的なコンセプトはフェースにチタンを使用し、本体自体はステンレス、ソールに高比重のタングステンを搭載しています。

【スポナビGolf】

前モデルとの違いは、ゼクシオイレブンのグリップ部分にはウェイトプラステクノロジーが搭載されて、総重量自体が少し重くなっているところ。手元側の重さを感じやすくて、少しカウンターバランス気味になってるので、振り抜きが今までのものよりとても良くなっていると感じます。
多少トップ目に当たってもボールがきちんと浮いてくれて、スライスやフックなどボールを曲げることもしっかりできるアイアンです。

とにかくやさしいクラブが欲しい、距離もしっかり欲しい、バランスのいいクラブが欲しい人には、ゼクシオイレブンは候補にしてもいいクラブだと思います。
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧