今が買いどき!高性能で高コスパ!テーラーメイド「M2 & M6ドライバー」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2021年にSIM2シリーズを発売した、テーラーメイド。価格が下がった旧作にも注目が集まっています。そこで今回は、今買っても損をしないモデル、テーラーメイド「M2 & M6ドライバー」の特徴について、ティーチングプロの石井良介さんに語っていただきました。

M2ドライバー

【スポナビGolf】

2016年に初代のM2が発表された時に、クラウン側はカーボンのコンポジットになってる部分と白いコントラストがある感じが衝撃的でした。

【スポナビGolf】

M1はカートリッジが付いていてウェイトをずらすことができるモデルでしたが、M2はそれが付いてないモデルです。ちなみに、タイガーウッズはM2モデルを使っていました。現在発売してるクラブと比べても遜色なく活躍するモデルがM2ドライバーだと思います。

M6ドライバー

【スポナビGolf】

SIM2の前作SIMドライバーにイナーシャジェネレーターという空力を制御するテクノロジーが搭載されていますが、実はM6ドライバーにも付いています。SIMに繋がるテクノロジーが組み込まれているのもM6の特徴です。

【スポナビGolf】

フェース面の反発性能を上限まで上げようという考え方で付いているスピードインジェクションのネジも特徴的で、フェース面の反発性能が非常に高くなっています。

【スポナビGolf】

上から見た感じも、クラウンの金属部分が極限まで小さくなっていて、カーボン部分が大きいです。

【スポナビGolf】

M2と比較すると全然金属の部分のサイズが違います。

最新モデルのSIM2もクラウン部分・ソール部分がカーボンで包まれていますが、こういったテクノロジーも実はM6にはあるということもおすすめのポイントです。

M2とM6、打感の違い

M2とM6を打ち比べると1番の違いは打感の柔らかさだと思います。M2の方が乾いた打感で弾き感が強いんですが、M6の方は打感が柔らかい感じになります。

ただ飛距離性能やスピン性能はM6のほうが高い印象です。M6はスピン量が少なく高打ち出しで飛ぶ印象で、割と最新モデルに近い性能を持っています。

最新モデルが新発売されて安くなってるだけで、性能的には遜色ありません。コストを抑えてより飛ぶ・つかまるクラブが欲しい方にはM6はおすすめだと思います。

【スポナビGolf】

M2もM6もSIM2のテクノロジーの原型が詰まったクラブなので、値段は安くなっていてものすごくお買い得になっています。今買っても損をしないモデルの代表格です!
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧