ソリッドな打感のパターを選ぶなら。クラブフィッターが厳選した2本はコレ!

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回はソリッドな打感のパターに注目。スコッティキャメロン「スペシャルセレクトシリーズ スクエアバック2」とPING「HEPPLER ANSER2」を、クラブフィッターの小倉勇人さんに解説していただきました。

ソリッドな打感の特徴

ソリッドな打感のモデルは基本的にインサートをあまり使いません。パターのインサートを使うのは打感を柔らかくすることと、ミスに強くしてフェースのブレを抑えるためです。

反対に、インサートをなくすことで、素材ならではの弾き感を得られるパターと言えます。そのため、フィーリングが直接手に伝わりやすいメリットがあるのです。打音と手に伝わる感触で、打ったとき「芯を外した」とか「どれくらいのエネルギーで打った」などののフィーリングが伝わりやすいです。

打ったときのフィーリングを感じたい方は、インサートなしのモデルの方が使いやすい、距離感も出しやすいという方が非常に多いです。

スコッティキャメロン「スペシャルセレクトシリーズ スクエアバック2」

【スポナビGolf】

スコッティキャメロンは、ソリッドな打感の代表的なモデルです。プロアマ問わず人気で、多くのメジャータイトルを獲得した実績もあります。

【スポナビGolf】

インサートをそれほど使ってないモデルで、ソフトステンレスの削りだしで、重心を外側に配置することでミスに強い設計になっています。

インサートを付けないことで、プロが求める情報のフィードバックも得られます。ソリッドな打感から得られる情報量のみならず、パターとしての機能もしっかり高めているところが人気の秘密ではないでしょうか。

PING「HEPPLER ANSER2」

【スポナビGolf】

ソリッドな打感を意識して作られたモデルです。

【スポナビGolf】

前作にSIGMA2というソフトな打感で、転がりに安定感がありヒットしたモデルがありました。それに対して、ソリッドな打感に対する要望に応えつつ、高い機能性を備えてきたのがヘプラーです。

【スポナビGolf】

ピンタイプと呼ばれるブレードタイプは、ANSERが基準となっています。元祖と言われるようなトゥヒールの顔をしっかり作りながら、ソフトステンレスの表面にフラットなフェースにより、弾き感のある心地良い打感を味わえます。

パチッという高めの打音が聞こえるので、耳からも打ったときの打点の位置やフィーリングを感じ取ることができます。うまい方は打った時の打音で距離感など耳からも情報を得るので、打音は重要です。

いろいろな情報が多い方が距離感とか作りやすいので、自分のフィーリングを磨くにはソリッドな打感のパター効果的ではないかと思います。打音・打感を意識しながらパター選びをしてみてはいかがでしょう。
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧