クラブフィッターが厳選!ソフトな打感が気持ちいいパター2種

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回はソフトな打感のパターに注目。クラブフィッターの小倉勇人さんに、PING「SIGMA 2 ANSER」&オデッセイ「ストロークラボ ブラックシリーズ BIG SEVEN TOE UP」の特徴を解説していただきました。

柔らかい打感のパターの特徴

一般的には柔らかい打感のパターが好まれる傾向があります。柔らかな打感の方がミスに強く、球の転がりを安定させやすいからです。

インパクトの瞬間にエネルギーを吸収するため転がりにくく、エネルギーを吸収するからこそ打っていけるパターといえます。反対に、硬い打感のパターはエネルギーを放つため、飛ぶ球が打てるのです。

PING「SIGMA 2 ANSER」

【スポナビGolf】

柔らかい打感のパターの代名詞の一つがシグマ2です。渋野日向子選手が使用して全英女子オープンで優勝したことで一躍人気となったパターです。

人気の秘密は柔らかめなソフトな打感や、芯を外したときの転がりの少なさ。弾くパターよりも転がりがゆっくりなので、打っていけるパターになります。パターのミスがオーバー気味の方、強くはじいてしまう方におすすめです。

オデッセイ ストロークラボ ブラックシリーズ「BIG SEVEN TOE UP」

【スポナビGolf】

ソフトな打感がオデッセイの特徴です。   

【スポナビGolf】

マイクロヒンジ・インサートという樹脂のインサート内に金属を少し入れることで、柔らかさと球を打ち抜くソリッド感を両立させた打感を味わえます。

基本的にはフェースに乗っている感じがあるので、柔らかい打感のメリットが活きたようなパターになってます。

打感を意識してみよう

打感の柔らかさ、硬さの好みは、皆さんの経験や打ったときの感触で選ぶと思いますが、打感の好み次第で結果が変わってしまいます。それぞれの打感によるミスの傾向を意識すると、自分の特徴が見えてくるでしょう。

今使っているパターが合っていれば、その機能や打感を意識するといいと思います。一方、球の転びがオーバー気味の方は、フェースに球が乗る感触のソフトな打感のパターがおすすめです。ぜひ一度試してみてください。
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧