【ゴルフに効くピラティス】クラムシェル&スパインツイスト

Regina(レジーナ)

【Regina】

引き締めながら体幹を強化するピラティスは、ドイツで傷病者のためのリハビリ運動として開発され、体幹強化に重点を置いたエクササイズ。お腹の深層にある筋肉や肩甲骨周りの筋肉など、インナーマッスルに意識を向けて運動するのが特徴で、脳の指令と筋肉の動きがスムーズに連動するようになります。姿勢の改善やボディラインの引き締め、ケガ防止にも有効です。

※リンク先は外部サイトの場合があります

<クラムシェルってどんな効果があるの?>

股関節を動かす筋肉を鍛えて股関節の動きがスムーズに。繊細な体重移動ができ飛距離もアップ!

◆おしりの内側の筋肉で股関節を動かす

1.肘の上に頭を載せ、膝と股関節を曲げて横向きに寝る。

【Regina】

2.上の膝を天井の方に向けて開く。おしりの奥にある筋肉を使って股関節を動かすように意識して。

【Regina】

3.開いた膝を下ろし、股関節を閉じる。骨盤をグラグラさせないようスムーズに。反対側も同様に行う。

【Regina】

【Regina】

<スパインツイストってどんな効果があるの?>

体の軸を保ったまま回旋できるようになります。肩甲骨の可動域も広がり、大きな弧を描くスイングに!

◆体の軸をキープしたまま肩甲骨の可動域を広げる

1.肩の真下に両腕を、腰の真下に両膝をついて四つん這いになる。脚は座骨幅に開き、お腹を締める。

【Regina】

2.息を吸いながらゆっくり片手を天井に上げ

【Regina】

3.息を吐きながら下ろして反対の脇の下を通す。逆の手も同様に行う。

【Regina】

◆ポイント! 脇の後ろ側に力を入れて

【Regina】

◆コレはNG!

腕を床につけたり、軸が左右にブレないように注意して 【Regina】

【Regina】

◆教えてくれたのは…井上万里子さん

【Regina】

BDC PILATESマスタートレーナー。ニューヨークでプロダンサーとして活躍後、現在は「BDC PILATES」にてマシンピラティスを通じ、一般人からプロアスリートまで幅広い層への指導・サポートを行なっている。オンラインレッスンも開講中。

撮影/内藤サトル エディター/大津恭子、撮影協力/アコーディア・ガーデン春日部
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Regina(レジーナ)

ゴルフが大好きな、素敵な女性たちを応援するRegina(レジーナ)。ファッション、ビューティ、レッスン、ニュース、ショッピング、ゴルフ場予約など、女性ゴルファーに役立つ最新情報を配信します。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧