軽量でラクに振り抜ける!スライサーにおすすめ!ヤマハ「インプレス UD+2 ドライバー」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

スライスに悩んでいるゴルファーやヘッドスピードが落ちてきた人におすすめしたい、ヤマハ「インプレス UD+2 ドライバー」をゴルフライターの鶴原弘高さんが解説。さっそくチェックしてみてください!

ヤマハ「インプレス UD+2 ドライバー」とは

高慣性モーメント設計でヘッドがブレづらく、球をつかまえやすくて軽量で振り抜きやすい。そんなスライサー向けドライバーです。

インプレスUD+2はアイアンがものすごく有名です。2番手以上飛ばせるぶっ飛びアイアンですが、そのシリーズの中で開発されたドライバーがこちらのモデルになります。

インプレスUD+2の特徴

【スポナビGolf】

一番の特徴は、ソール側とクラウン側に搭載されている新しいスピードボックスという構造です。これでフェース周辺の剛性を高めて、インパクトを効率的に初速へ伝えるための構造です。

【スポナビGolf】

より注目したいのは、ヘッド自体の慣性モーメントの高さです。ルールで慣性モーメント値は決まってますが、その上限に迫るぐらいのかなり大きな慣性モーメントを達成しています。数値的には5000を超える、5020の慣性モーメントになっています。

慣性モーメントが高いクラブのメリット

【スポナビGolf】

振ってるときにフェースが開閉しづらく、打点がズレたときにヘッドが当たり負けしづらいという特徴があるので、直進性を高めてくれます。

慣性モーメントが高いクラブのデメリット解消

【スポナビGolf】

慣性モーメントの大きいヘッドというと、結構右に球を飛ばしてしまうゴルファーが多いです。

そのデメリットを解消するために、ネックの立ち上がり部分が少し凹んだオフセット形状になっていて、球をつかまえ、スクエアにインパクトさせやすくなっています。

スライスを打つアマチュアゴルファーの場合だと、ボールも真ん中寄りに置いて上からアイアンのように打ってしまう人が多いのですが、そのようなボール位置や構え方でも、スクエアインパクトして球をまっすぐ飛ばしやすいというような工夫がされてます。

【スポナビGolf】

球をつかまえるもう一つの特徴が重心角で、34.5度ととても大きいです。重心角が大きいと、スイング中に意識しなくても回転するので、フェースターンが促され球がつかまる効果があります。

インプレスUD+2の対象ユーザー

クラブ総重量が280gぐらいなので、ヘッドスピード40前後の人に適しています。かつ、球をつかまえやすい工夫がされているので、スライサー向けのドライバーと言えるでしょう。

慣性モーメントが高いので打点がブレやすい人にもおすすめです。ぜひ一度試してみてください。

口コミ

総合評価 ★★★★★☆☆ 5.5口コミ2件

元コンペゴルファー
年齢:60歳 性別:男性 ゴルフ歴:21年以上 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:月に2回は行きます
最近DRが苦手で使わずに過ごしていましたが、そうもいかなくなり量販店のフィッティングを受けてこちらに決定し購入しました。量販店側が出してくるクラブは自分のスイングの特徴に合わせたものなので、それを信じて各クラブのスペック… [続きを読む]
りく
年齢:44歳 性別:男性 ゴルフ歴:6年~10年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:月に2回は行きます
先日、コンペのドラコンホールで自分としては、RS5で戒心の一撃に近い今日イチが出て取ったなと思ったのですが、その前に打たれた71歳同伴競技者の吹けた~という本人の感触とは裏腹に、5ヤードほど負けてドラコンを逃してしまいま… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧