0番という名の通り飛距離に特化!「ゼクシオ クロス アイアン#0」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

飛びやすさや爽快な打球音で、多くのゴルファーの支持を集めるダンロップのゼクシオシリーズ。今回は、2020年12月に発売された「ゼクシオ クロスアイアン#0」をクラブフィッターの小倉勇人さんに試打してもらい、その特徴と感想を語っていただきました。

NEW ゼクシオ クロス #0 アイアン(2020)

ゼクシオクロスアイアン#0 最大の特徴

ゼクシオクロスアイアンは、ゼクシオの技術を使った飛距離に特化したアイアンとして人気のモデルです。

そのアイアンの流れでとにかく飛距離に特化したモデルとして発売されたのがこのクラブで、0番アイアンという意味の#0です。1番アイアンではなく、0番アイアンというくらい飛距離に特化したアイアンとして設計されています。

【スポナビGolf】

このモデルは0番のみ。ロフトバリエーションもなく、ロフトは17度、長さは39.25インチと非常に飛距離に特化したアイアン!まさにそのひと言に尽きます。

フォルムの特徴

【スポナビGolf】

ゼクシオクロスなのですが、非常に凝った作りになっています。

【スポナビGolf】

U字型に精製されたチタンカップフェースで、それをボディの上側に回り込んで接着することでフェース面の反発エリアを広げられる技術を採用しています。

【スポナビGolf】

さらに、重心を低く深く作るためにソールも広げているので、余計なスピンが入りづらく、前に強い弾道が打ちやすくなり、より飛ばしやすいモデルに仕上がってます。

ワンポイント

【スポナビGolf】

やはり1番のトピックは「0番アイアン」というネーミングだと思います。

【スポナビGolf】

後方を隠せばアイアンの顔をしています。アイアンの顔でありながら飛距離に特化しつつやさしくできているので、形状としてはアイアン型ユーティリティなのです。

フェース面の周りはゼクシオクロスアイアンの顔の形でしっかり作って、その中で極力アイアン型ユーティリティに近い性能を持たせてるような作り方をしてるのではと思います。

おすすめのユーザー

ユーティリティはウッド型がほとんどなので、アイアンと同じように打って飛距離のでるモデルが欲しい方は結構多いはず。ウッド型ユーティリティが苦手な方にとっては、アイアンの顔をして飛距離に特化したモデルはかなり救世主になってくれると思います。

ゼクシオクロスの7番で150ヤード打ってる人だと、おそらく200ヤード以上は出てくるという計算になるでしょう。ウッド型のユーティリティでも真ん中の番手以上は飛距離が出る仕様になってると思いますので、ウッド全般苦手な人はぜひ試して欲しいです。

NEW ゼクシオ クロス #0 アイアン(2020)

口コミ

総合評価 ★★★★☆☆☆ 4.0口コミ5件

tassy
年齢:61歳 性別:男性 ゴルフ歴:21年以上 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:100~109 平均ラウンド数:月に2回は行きます
アイアンで200ヤードを狙いたくて購入しました。届いたばかりなので練習場で確認中ですがキャリーで200ヤード飛んでいるようです。もう少し練習してラウンドで使いたいです。短い狭いミドルのティショット、長いショートホールで使… [続きを読む]
てるぼーず
年齢:74歳 性別:男性 ゴルフ歴:16年~20年 平均ヘッドスピード:わからない 平均スコア:90~99 平均ラウンド数:年に2回か3回です
アイアンセットを買い換えようとしている。販売店でいろいろ捜してはいたが、まだ決めかねている。試打してみたが、再現性のない技量では試打の意味もないと思う。一応、Tメイドとの比較で、やさしさ、方向性でいいと感じたので、NEW… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧