ユニークな特徴に注目!テーラーメイド&オデッセイの高機能パターを解説

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回は、特徴があっておもしろい高機能パターとして注目される、テーラーメイド「トラス TM1 トラスヒール」&オデッセイ「ストロークラボブラックシリーズ BIG SEVEN TOE UP」をクラブフィッターの小倉勇人さんに紹介していただきました。パターが苦手で改善点が分からないと悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてください。

テーラーメイド「トラス TM1 トラスヒール」

【スポナビGolf】

トラスという名前の由来のとおり、三角形の面でヘッドとシャフトが繋がっている特徴的なネックです。

スカイツリーなどの建築物にも使われている建築のトラス構造からヒントを得ています。打点のズレを面で受け止めるのでフェース面がブレにくく、スイートエリアが広いパターです。

【スポナビGolf】

特殊な形状でアマチュア向けかと思われがちですが、USツアーのプロも使用するほど機能性とフィーリングを両立したパターです。

【スポナビGolf】

クランクネックをベースにしたモデルで、重心角が少し作られていてフェースローテーションしやすい構造になっています。

通常のグレードタイプユーザーが違和感なく使いやすくなっています。別のパターから切り替えやすい高機能パターで、今までになかったパターだと思います。

オデッセイ「ストロークラボ・ブラックシリーズ BIG SEVEN TOE UP」

【スポナビGolf】

文字通りトゥが上を向くパターです。ストロークバランスは、構えるとアドレスした状態と同じ形になります。フェース面が真上を向くのがフェースバランスで、ストロークしたときにフェース面がブレにくいといわれるバランスです。

パターは垂直ではなく角度をつけて構えます。アドレスのとき倒れないようにストロークしていくのですが、ストロークバランスではこの動きが発生しません。自分が余計なことをしなければフェースがねじれず、ストロークしやすい構造になっています。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

それを実現するためにシャフトが後方について、シャフトに対してフェース面が前に出ていてシャフト軸線がど真ん中に設計されています。

実際振ってみると、ヘッドが動かず、滑らかにストロークができます。マレットタイプで構えやすく、ブレードタイプに比べて重心が深いためミスにも強い、それにストロークバランスを合わせることで、フルオートマチックに仕上がったパターだと思います。パターが苦手な方におすすめです。

パターが苦手な方だけでなく、練習嫌いな方も道具によって変わることもあるので、ぜひいろんなパターを手に取って試してみてください。
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧