【徹底解説】いまが買いどき!まだまだ戦力になる!テーラーメイド「M6 シリーズ」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

テーラーメイド独自の技術を搭載して開発された「M6 シリーズ」。発売から時を経てお買い得になっています。そこで今回は、ティーチングプロの石井良介さんにテーラーメイド「M6 シリーズ」の魅力を解説していただきました。

M6 ドライバーの特徴

【スポナビGolf】

やっぱり飛ぶんですよ。M6を持っているときは、フェアウェイの真ん中に構えて「ど〜んと打っていくぞ」というイメージが湧きます。結構高めの球で初速もすごく速く、スピンが少なめの棒球が飛んでいきます。

ただ、ロフト10.5度と9度ではスピン量が全然ちがいます。球が上がってほしいという人は10.5度、球が上へ浮くタイプの人はロフト9度、というように選ぶとよいでしょう。

【スポナビGolf】

純正のシャフトならば、これからゴルフを始める方や初めてクラブを買い換える方、中級者から上級者まで幅広く使えます。

選ぶときのポイントはパワーがあるかないか。パワーがある人は純正のシャフトが少しもの足りなく感じるかもしれません。その場合は、カスタムシャフトにすることをおすすめします。

ヘッドとして考えた場合には、初心者から上級者まで幅広くケアしてくれるクラブだです。ぜひ試してみてください。

M6 フェアウェイウッドの特徴

【スポナビGolf】

ティーショットにも使える、フェアウェイからもちゃんと距離を稼げる万能タイプのフェアウェイウッドです。

【スポナビGolf】

テーラーメイドはもともとフェアウェイウッドの名器が多いメーカーと言われています。

他のメーカーのフェアウェイウッドに比べると大きめのヘッドに見えるかもしれませんが、バランスが良く、フラットにみえるので構えやすいクラブです。ティーショットで使うときに、引っかかるミスを防いでくれます。

球がすごく上がりやすくて、スピン量が少なめのクラブです。距離を稼ぎやすいという点からも武器になるクラブだと思います。

M6 レスキューの特徴

【スポナビGolf】

飛距離性能が高いのと、球をつかまえる性能も高い。ティーショットからグリーン周りまでをつなぐクラブとしてはものすごく活躍してくれるクラブだと思います。

芯を外してしまったときもコースに戻してくれるという特徴は、ドライバーとかフェアウェイウッドと同じように搭載されてます。

レスキューは、名前の通り困ったときに使うクラブ。ドライバーで曲がったときや、セカンドショットで距離がまだまだ長いといったときなどに「とりあえずコレで打っておけば近くに行くかな」と思って使うのがおすすめです。

飛距離性能も高く、球をつかまえる性能も高いし、球も上がりやすい。「困ったときの1本」として使っていただければと思います。

M6 アイアンの特徴

【スポナビGolf】

練習量が少なくてもコースでなんとか助けてくれるクラブです。

【スポナビGolf】

最大の特徴は、スピードブリッジ。これによってヘッドの剛性が強くなり、球に対して当たり負けしないで初速が出るため、飛ぶようになっています。

【スポナビGolf】

ソール幅が広くなっているのもポイントです。ダフリなどのミスに強いですね。広いソールのおかげで滑るし、重心が下がることにもつながるので球も上がりやすいというメリットがありますね。

【スポナビGolf】

M6 アイアンは、やはり見た目のフォルムもスッキリ仕上がっていて構えやすいです。打った感触も乾いた感じの弾いた感触で、球を高く飛ばしてくれるクラブです。

「球を飛ばしたいし、球も上がってほしい」という方が選ぶアイアンとして候補に十分入ってくると思います。初心者から上級者まで幅広い方におすすめです。値段がちょっと下がってきてお求めやすくなってるので、ぜひ手にとってみてください。
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧