キャロウェイ2021年最新作「APEXシリーズ ユーティリティ 2モデル」を解説!

スポナビGolf

【スポナビGolf】

ゴルフクラブの開発で初めてAI(人工知能)を導入して注目を集めたキャロウェイ。2021年2月に「APEXシリーズ」を発表しました。そこで今回は、APEXシリーズのユーティリティ2モデルをゴルフライターの鶴原弘高さんに解説していただきました。

APEX ユーティリティ2モデル:最大の特徴

【スポナビGolf】

1番のポイントは、JAILBREAK AIベロシティブレードという新しいテクノロジーが搭載されているところです。

前作の2本のまっすぐな円柱型JAILBREAKではなく、今回の新作はブレードの逆ハの字型になっているのが特徴です。

【スポナビGolf】

一見して同じようなユーティリティ2モデルですが、ヘッドのサイズが大きく違います。

4番相当のものでロフトがヘッドの大きい方が21°。ヘッドの小さい方が23°というように同じ番手でもロフトが違う設定になってます。

APEX ユーティリティの特徴

【スポナビGolf】

一般受けするのはAPEX ユーティリティでしょう。構えてみると、ウッドの形状でディープフェースで、しっかりしたボリュームのあるヘッドになっているのが分かります。

【スポナビGolf】

フェースはトゥ側が広がっていて、アイアンのように構えられるフェースと、オフセットになっています。

キャロウェイは昔からアイアンぽいグースが付いたユーティリティを多くリリースしていましたが、その流れをくみながらオフセットを大きくせずに、上級者向けのロングアイアンのように構えて打てる形状になっているのが特徴です。

【スポナビGolf】

ネックに弾道調整機能が付いていて、ロフトやライ角を調整することができるのでフェースアングルも変えて使えます。

打ってみるとやはりよく飛びます。ユーティリティでここまで飛ぶんだと思えるくらい飛んじゃいます。

使い方としては、飛び系アイアンの上の番手として使うようになると思います。今のアイアンが飛びすぎて昔のユーティリティがあまり飛ばないと感じてしまう人は、最新のロフトの立った飛び系アイアンを使いつつ、ユーティリティも飛ばせる新モデルを使うのが最適でしょう。

APEX PRO ユーティリティの特徴

【スポナビGolf】

APEX PROはヘッドが小さくて、PROという名前がついてるだけあって上級者向けモデルです。よりコントロール性能を重視し、強い球が打ちたい人向けのモデルになってます。

【スポナビGolf】

APEX PROは、CALLAWAY SELECTED STORE 限定製品で発売店舗が限定されてます。上級者やパワーヒッターにおすすめのモデルです。

ワンポイント

【スポナビGolf】

APEX ユーティリティは番手が豊富に揃っているのも特徴です。ヘッドの大きいAPEX ユーティリティは6番相当のロフトまであります。ヘッドの小さいAPEX PROも5番まで用意されています。

プロのモデルにはあまりロフトが寝たモデルはないですが、今回のPROにはロフトが寝たものも用意されてるので、幅広い人がクラブセッティングに入れやすい設定になってるのもポイントです。

アイアンの延長線上で構えられてフェアウェイウッドみたいに飛ばせる。そんな新しいAPEXシリーズのユーティリティをぜひ一度試してみてください。
撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧