キャロウェイの最新作「EPICシリーズ フェアウェイウッド 2モデル」を解説

スポナビGolf

【スポナビGolf】

ゴルフクラブの開発で初めてAI(人工知能)を導入して注目を集めたキャロウェイ。2021年さらにグレードアップした「EPICシリーズ」を発表しました。そこで今回は、EPICシリーズのフェアウェイウッド2モデルをゴルフライターの鶴原弘高さんが試打。その特徴をまとめて徹底解説していただきました。

EPICシリーズ フェアウェイウッド2モデルについて

ドライバー並みにフェースの反発が良くて低スピンで飛ばしやすい、そんなモデルになってます。

新しいEPICシリーズはドライバー3モデル用意されてますが、フェアウェイウッドは2月当初の時点ではこの2モデルが同時に発売されています。

EPIC SPEED フェアウェイウッドについて

【スポナビGolf】

キャロウェイ公式のYouTubeでも石川遼プロが試打していますが、多くのプロに好まれそうなのがEPIC SPEEDフェアウェイウッドです。

重心が低く浅くフェースよりにあるので、速く振れて低スピンで強い球が打てるモデルになっています。

【スポナビGolf】

四角いブレード型のJAILBREAK AIベロシティブレードテクノロジーを逆ハの字形に入れることによって、フェースの反発が向上し、広いエリアで球をよく弾くようになっています。
打つとやはりよく飛びます。ローグのフェアウェイウッドあたりからさらに1段階飛ぶようになって、少しづつフェースの高初速エリアも広がっていき、その最高峰がこの最新モデルかなという印象です。

初速が出て低スピンで飛ばしやすく、かつ、オフセンターヒットにも強いので、本当にここで完成形と思えるようなフェアウェイウッドです。

EPIC MAX フェアウェイウッドについて

【スポナビGolf】

高初速性能と低スピン性能を備えつつ、ヘッドを大きくしたのがEPIC MAXだと思います。

【スポナビGolf】

構えると大きくて平らな印象です。

打つとMAXも良く飛びます。MAXドライバー同様、球をつかまえやすくなっているのが特徴です。大きいヘッドだけど球をつかまえやすいモデルになっています。

2モデルの違い

【スポナビGolf】

ナイスショットすると飛距離に差を感じないくらいどちらもよく飛びます。

強い球が打て、小さいヘッドでコントロールもしやすいのがEPIC SPEED。対してEPIC MAXの方は、大きいヘッドで安心して構えられてつかまえやすく、やさしく直線的に打ちやすい特徴があります。

おすすめのユーザー

やはりやさしくまっすぐ遠くに飛ばしたい人には、ヘッドの大きいEPIC MAXがおすすめです。

シャープに振りたい、コントロールしたい、ヘッドスピードが速く高さを必要としない人には、小さいヘッドのEPIC SPEEDがおすすめになると思います。ぜひ一度試してみてください。
撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧