テーラーメイド最新作「SIM2 シリーズ」フェアウェイウッド3モデルを解説!

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2020年はテーラーメイドのSIMシリーズが牽引したといっても過言ではありません。2021年2月待望のSIMの新作「SIM2シリーズ」が登場しました。今回はゴルフライターの鶴原弘高さんに、SIM2フェアウェイウッド3モデルの特徴を解説していただきました。

SIM2シリーズのフェアウェイウッドは3モデル

テーラーメイドの最新作SIM2シリーズには、ドライバー同様、フェアウェイウッドも3モデル用意されてます。

SIM2フェアウェイウッドの特徴

【スポナビGolf】

SIM2フェアウェイウッドは、ドライバーと同じくセレクトストア限定販売モデルです。

【スポナビGolf】

SIM2フェアウェイウッドは、前作と同じく素材がZATECHチタン素材を使用していて、前作よりも低重心化されているのが特徴です。

飛距離がアップしたというよりはもともとすごく飛ぶフェアウェイウッドなので、前作より球が上がりやすくなったという印象です。

【スポナビGolf】

大きな違いはヘッドサイズです。今回のSIM2フェアウェイウッドはヘッドサイズが前作より小さくなったので、より上級者が好む操作性の良さそうなモデルに仕上がっています。

【スポナビGolf】

また、SIM2フェアウェイウッドにだけロフトスリーブというカチャカチャ機能が付いています。
この±2°のロフトスリーブを調節することで、スイングに合わせたロフト角・フェースアングル・ライ角にできるので、自分で調整したい人には良いと思います。

SIM2 MAXフェアウェイウッドの特徴

【スポナビGolf】

SIM2 MAX フェアウェイウッドはヘッドサイズが少し大きくなりました。

SIM2フェアウェイウッドのヘッドサイズが小さくなったので、SIM2 MAXフェアウェイウッドとの差が大きくなったという印象を持ちます。

SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドの特徴

【スポナビGolf】

SIM2 MAX-Dフェアウェイウッドは球のつかまりをよくしたモデルになってます。

【スポナビGolf】

ヘッドサイズはSIM2 MAXと比べてほとんど変わらないか、若干MAX-Dの方が大きく見えるかなという程度です。

構えると少しフェースが左を向いてるように見えて、球をつかまえやすい印象を受けるところがポイントです。

SIM2シリーズ フェアウェイウッド3モデルまとめ

【スポナビGolf】

SIM2 フェアウェイウッドは、チタン素材を使用して小ぶりなヘッドで操作性重視で強い球で飛ばせるモデルで、SIM2 MAXフェアウェイウッドは、ヘッドが大きく安心感もあって飛ばせるモデル。そしてSIM2 MAX-Dフェアウェイウッドは、MAXにつかまりをプラスされたモデルです。

テーラーメイドのフェアウェイウッドは、契約外のプロがバッグに入れるくらい性能が優れています。今回のSIM2シリーズのフェアウェイウッドも、おそらく契約外のプロが何人かバッグに入れてくるだろうと思うくらい、飛ばせて性能の良いフェアウェイウッドに仕上がっています。ぜひ皆さんもこの3モデルの中から自分に合うモデルを選んで購入して使ってみて欲しいと思います。
撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧