2021年待望の新作登場!テーラーメイド「SIM2 シリーズ」ドライバーまとめ

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2020年はテーラーメイドのSIMシリーズが牽引したといっても過言ではありません。そして2021年2月、ついに待望の新作「SIM2 シリーズ」が登場します。今回はゴルフライターの鶴原弘高さんが、SIM2ドライバー3モデルをまとめて試打して、その特徴を解説していただきました。

SIM2ドライバー3モデルの性能の特徴

【スポナビGolf】

1番の注目は新しいヘッド構造です。ソールの後ろ側がフォージドミルドアルミニウムリングでリング状になっています。

【スポナビGolf】

クラウンとソール部分はすべてカーボン製。チタンが使われているのはネックからフェースの部分だけです。

カーボンで繋いでそこをフォージドのアルミのリングで溶接せずに接着構造になっているので、ヘッドの重量を好きな箇所に配置しやすくなったというのが一番大きいです。ザックリ言うと前作よりも寛容性が増しています。

SIM2ドライバーの特徴

【スポナビGolf】

SIM2ドライバーはウェイトが後ろ側にきてますが、重心が浅めです。目印みたいに付いてる部分もちょっと中央寄りになってるので、強い球が打てるモデルといえます。

SIM2 MAXドライバーの特徴

【スポナビGolf】

2020年に一番売れたSIM MAXドライバーの後継となるのがSIM2 MAXドライバーです。このモデルはソール後方のウェイトが3モデルの中で最も重い24gになっています。

【スポナビGolf】

一番後方に重さを持ってくることで慣性モーメントをあげているので、ヘッドがブレづらく球が曲がりづらい。曲げたくない人はSIM2 MAXドライバーが一番の選択肢になるかなと思います。

SIM2 MAX-Dドライバーの特徴

【スポナビGolf】

SIM2 MAX-Dモデルは、SIMシリーズで人気モデルだったSIM MAX-Dの後継モデルです。

【スポナビGolf】

ウェイトの配置が少し違い、ソール後方に22gのウェイトを配置しています。

【スポナビGolf】

SIM2 MAXドライバーとの違いは、ヒール側にウェイトを配置して球のつかまりを良くしているところです。

3モデルの特徴

【スポナビGolf】

この3モデルは構えたときは見分けが付かないくらいそっくり。ヘッド体積も同じです。

【スポナビGolf】

SIM2 MAX-Dだけが若干アップライトにみえて、ちょっと球をつかまえやすそうな印象です。
あともう1点前作からの違いとしては、ちょっとディープフェースになったところです。

前作SIMドライバーはアスリート向けモデルのわりにはヘッドが薄いというのが特徴だったのですが、最新作SIM2シリーズは、前作よりフェースが分厚くなっています。

強い球を打ちたい人はSIM2ドライバー、SIM2 MAXドライバーは曲げたくない人向け、SIM2 MAX-Dドライバーは球をつかまえたい人向け、というような棲み分けになっています。ぜひ一度試打してみて、ご自身の要望にあうモデルを選んでみてください。

【スポナビGolf】

撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧