打感も操作性も良く飛ばせる!タイトリスト「T100S アイアン」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

プロ・アマ問わず、多くのゴルファーが使用している「タイトリスト」のアイアン。今回は、ゴルフライターの鶴原弘高さんに「T100S アイアン」を試打していただき、その魅力と特徴を語っていただきました。

T100S アイアンの特徴

T100SのSはストロングロフトの「S」です。もともとあったT100アイアンをストロングロフト化したモデルとして追加発売されたのがT100Sです。

【スポナビGolf】

ストロングロフト化といっても、7番でロフト角31度なので日本仕様より2度だけロフトが立っています。ロフトが立つと球が低くなると思われがちですが、重心位置を深く低くすることでT100と同じくらい球が上がりやすくなっています。

球の高さを保ちつつ、T100より飛ばしたいという人にはおすすめのアイアンです。

【スポナビGolf】

タイトリストのT100もT100Sもフォージドアイアンです。ただ、長い番手(4番〜6番)になると、SUP-10という素材が弾きの良いフェースに使われていますので、ロフトが立っている分と弾くフェース素材のおかげで飛ばしやすくなっています。

試打で感じた特徴

振動吸収材が中にはいっているので、無垢のフォージドに引けを取らない打感になっています。ジョーダン・スピースも実際にバックに入れて使っているのがT100アイアンなので、それよりも飛んで、さらに打感も操作性も優れているアイアンです。

タイトリストのT100Sアイアンは、「操作性と寛容性さらに飛距離も出したい!」という贅沢な望みを叶えるアイアンです。チャレンジしてみる価値はありますよ。

口コミ

総合評価 ★★★★★★☆ 6.0口コミ2件

だいわ
年齢:44歳 性別:男性 ゴルフ歴:11年~15年 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:月1くらいかな
現在718AP3を使用中です。買い替え前提で718 CBとT100sをショップから借りて試打してきました。打感CB≒T100s>AP3飛距離AP3≒T100s>CB方向性T100s>CB>AP3といったところです。CBは… [続きを読む]
アタル
年齢:40歳 性別:男性 ゴルフ歴:16年~20年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:月に2回は行きます
718 AP2 AMT TOUR WHITEからもう少し飛距離が欲しくなり6I-PWのセットをカスタムシャフトにて購入。以下私見ですが、形状は、718 AP2と比較してトップブレードが薄くなり構えていて違和感がありません… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧