新・貧打爆裂レポート『タイトリスト VG3 ボール』

Gridge(グリッジ)

【(c)Gridge】

今回の貧打爆裂レポートは、2020年11月13日に発売されたタイトリスト『VG3 ボール』です。
いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。タイトリストの新しいディスタンス系ボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『VG3 ボール』はカラーボールが面白い!

【(c)Gridge】

『VG3 ボール』は、タイトリストが2020年11月13日に発売したボールです。
“DISTANCE! DISTANCE! DISTANCE!”というコピーのボールは、一般的なアマチュアゴルファーでも飛距離性能を発揮するように開発されたボールです。
【試打ボールスペック】
カラー レインボーパール、イエローパール、マットグリーン
構造 3ピース
コア 低コンプレッション・デュアルコア
カバー 高弾性フレキシマーハイスピードカバー
ディンプル 312個
価格 オープン
『タイトリスト VG3 ボール』は、飛距離性能を前面に出しているボールです。
テクノロジーとして、コアを大きくして、柔らかくしたということですが、それ自体は、市場の飛距離性能を打ち出しているボールでは常識になりつつあり、珍しいことではありません。
2重のコアというのも、特別新しいとは言えません。
想像ですが、今までのタイトリストの膨大な開発データの蓄積で、改めて、現状できる最高なディスタンス系のボールを作ったということなのだと思います。
『タイトリスト VG3 ボール』は、前モデルも飛距離が出るボールでした。
新しい『タイトリスト VG3 ボール』は、ドライバーだけではなく、アイアンの飛距離も出るというところがプラスポイントということです。
個人的に、一番注目したのはボールのカラーです。海外ブランドのボールは、カバーの素材を染色する技術で、国産メーカーに後れをとっている時代が続きました。
カラーボールの発色が悪く、種類も少ないというだけではなく、試打をしてみると、カラーが違うとカバーの性能に違いを感じてしまう欠点があったボールもありました。
欠点と書きましたが、この違いが結果として、このカラーのほうが自分に合っていると、カラーボールが自分にジャストマッチのエースボールになるというゴルファーもいました。ゴルフの神様のイタズラのようなお話です。
『タイトリスト VG3 ボール』には純粋なホワイトがなく、3種類のカラーボールがあります。
これには、新しい時代を感じました。もう、カバーのカラーで文句は言わせないというメッセージと、カラーボールファンへのアピールを感じました。
実際にじっくりと観察しましたが、どのカラーも良い感じです。
僕は、ボールのカラーは機能だと考えています。メンタルに影響するだけではなく、他の感覚にも影響します。ゴルファーによっては、ボールとスタンスの距離にも影響することもあるからです。
『タイトリスト VG3 ボール』は、そういう意味でも、興味津々なボールです。

上手くなったような気分になれる『ツアーレスポンス』!

動画を見てください。
『タイトリスト VG3 ボール』をコースで打ってみました。
レインボーパール、イエローパール、マットグリーンを交互に使いながら18ホールをプレーしました。
個人的に気に入ったのは、ボールナンバーと新しいアライメントサイドスタンプです。
ボールナンバーは2桁で、レインボーパールは赤いのです。これが、キリッとして良かったです。赤がラッキーナンバーなので、幸運のボールをイメージさせました。
アライメントサイドスタンプは、『VG3』のロゴマークに2本ラインと矢印で構成されています。大き過ぎず、それでいて、パットの際などに合わせやすく目立ちます。これも好感触でした。
いきなり本題に触れますが、『タイトリスト VG3 ボール』は飛ぶボールです。トップレベルに飛びます。
ただ、ちょっと面白かったのは、ヘッドスピードが速い人のほうが差が出るように感じたことです。つまり、非力なゴルファーを助けるというよりも、パワーがあるゴルファーも含めて、誰でも使えるようになっているということです。
『タイトリスト VG3 ボール』の打音は、音量は小さめで、やや低めの湿った音質です。
打ち応えは、驚異的に柔らかいです。柔らかさもトップクラスです。この感触は、ドライバーからパターまで同じ感じで続くのです。これはお見事でした。
スピン性能も、まあまあです。
前モデルよりもアイアンのスピン量は減っているような気がしますが、グリーンを越えてしまうほど転がることはありませんでした。計算できる範囲に入っているスピン性能だと思います。
アイアンの飛距離性能ですが、キャリーからぶっ飛ぶという感じではなく、ランも含めてしっかりと距離を稼ぐと考えると良いと思います。
最後になりましたが、ボールカラーは本当に3種類とも良かったです。
レインボーパールは、ホワイトの発色が良いボールのようで、遠くからでも目立ちます。イエローも同様です。大きく見えたり、小さく見えることもなく、かつ、機能的にも、カラーによって違うボールだというような違和感はゼロでした。
特に、マットグリーンは、想像以上に良かったです。ちゃんと、芝生の上でも主張してくるんです、ここにいるよ、みたいな感じで。
アドレスしても、沈んでいるように見えないし、変に浮いて見えるようなこともないのです。
『タイトリスト VG3 ボール』は、ディスタンス系のボールが好きなすべてのゴルファーへ、オススメします。
少し面白かったのは、昔のディスタンス系のような、とにかく前に進む、という雰囲気があることです。柔らかさも目立つので、その部分では新しいのですけど、懐かしさを感じたのです。
また、カラーボールが好きな人にも、『タイトリスト VG3 ボール』はオススメです。
カラーがメンタルに与える影響を上手に使うことができれば、生涯最高のボールになる可能性もあります。
『タイトリスト VG3 ボール』は、タイトリストの遊び心と技術力が融合した面白いボールです。
真剣にゴルフをしているゴルファーも、エンジョイ第一主義のゴルファーも、その恩恵を受けることができます。

NEW タイトリスト VG3 ボール(2020)

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧