直進性が高く曲がりにくい!テーラーメイド「P790 アイアン」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

テーラーメイドの中でも独立したアイアンブランド「Pシリーズ」。今回は「P790 アイアン」をクラブフィッターの小倉勇人さんが試打して、感想や特徴を語っていただきました。

テーラーメイド「Pシリーズ」とは

Pシリーズは、テーラーメイドの中ではアイアンだけに作られたブランドです。自分でシャフトをしっかり選んでカスタムして作るのが前提になってるので、自身の特性に合わせやすいシリーズになってます。

中でもこのP790は、比較的直進性が高く、ミスに強いため、一般的にやさしい特性を持ったアイアンです。

性能の特徴

【スポナビGolf】

中空構造にして、重心を深く低くすることでミスに強い仕様になっています。ただ、打感に影響が出てくるので、スピードフォーム(SPEEDFOAM)という、テーラーメイド独自の充填剤を中空の中に入れることで、打感を良くし、悪い打感を抑制するようにできています。

テーラーメイドの技術がギュッと凝縮されていて、デザインもカッコイイですね。

【スポナビGolf】

フェース面の素材は、クロムモリブデン鋼という非常に粘りのある強い金属を使用し、打感と反発性能を追求しやすくなっています。

軟鉄鍛造のボディで、自身の特性に合わせて調整しやすいPシリーズらしい仕様です。

【スポナビGolf】

貫通型スピードポケット搭載。フェース面をソールから貫通するように溝を彫ることで、フェース下部のエネルギーロスを減らし、しっかりたわませて飛距離ロスを減らし、ミスに強くなる技術です。

【スポナビGolf】

フェース面をL型に溶接する(L型ICTフォージドフェース)ことで、より下側のミスの強さを演出しています。L型にすることで、溶接面をフェースの打点位置から下げることができ、反発性能の低下を防ぐ効果があります。

試打の感想とおすすめポイント

打ってみると、直進性が高く曲がりにくい。曲げようと思っても少し抑制されるので、直進性の高い球が打ちやすい印象のモデルです。

P790は直進性にやさしくグリーンを狙っていくモデルですが、直進性が高いモデルであるため、操作性に乏しい部分があります。

【スポナビGolf】

より操作性を求める人向けにP770という兄弟モデルが誕生しました。P790とほぼ構造は一緒ですが、ヘッドが小ぶりでグースネックもちょっと収まっています。

P790は、シンプルに直進的な弾道でグリーンを狙うには非常にやさしいモデルだと思います。P770と比較してみるのもおすすめです。ぜひ一度試してみてください。

口コミ

総合評価 ★★★★★☆☆ 5.5口コミ11件

okatu
年齢:43歳 性別:男性 ゴルフ歴:4年~5年 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:90~99 平均ラウンド数:2か月に1回程度
120VSSから重量版DG S200にしたので書いてみます。前回書き忘れていたんですが、番手が小さくなる程飛距離の差が小さくなる傾向があります。例えば4I~7Iは1番手約15ydの差が出来るんですが8Iからは10ydとい… [続きを読む]
goriyasu
年齢:37歳 性別:男性 ゴルフ歴:4年~5年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:月に2回は行きます
718AP2からの買い替えです。全く買う候補にはありませんでしたたが、試打結果がよく、後日行った練習場の試打会でも結果が良かったので購入しました。飛距離は1番手飛びますが、球が上がりやすいのでグリーンでちゃんと止まります… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧