直進性が高い!使い手を選ばない!ダンロップ スリクソン「ZX5 アイアン」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

海外でも活躍している松山英樹プロがツアーで使用して注目されている、ダンロップのスリクソン「ZX シリーズ」。今回、新作の「ZX5 アイアン」をクラブフィッターの小倉勇人さんが試打。感想や特徴を語っていただきました。

ZXシリーズの特徴

スリクソンは、ワールドワイドのアスリートブランドとしてとても有名です。

ZX5は、ドライバーもZX5とZX7に分かれています。ZX5ドライバーは直進性に優れていて、ミスの幅を抑えて直進的な弾道でコースを狙っていくようドライバーです。

ZX5アイアンの特徴

今回のZX5アイアンもドライバーに準じて、操作性よりは直進性に優れています。ミスに強く、優しくシンプルにまっすぐピンを狙っていくアイアンです。

【スポナビGolf】

フェース面はクロムパナジウム鋼という特殊鋼が使われています。いわゆるバネ鋼と言われるもので、軟鉄よりも硬度があり、薄くすると反発を得やすい素材です。

【スポナビGolf】

ボディは軟鉄鍛造のフォージドなので、ロフトやライ角の調整ができるようになってます。

バネ鋼をフェイス面に使っているので、軽やかに弾く打感が味わえつつ非常に球が上げやすい仕上がりです。ロフトが7番で31度。アスリートモデルの中では割と立ってる方だと思います。

【スポナビGolf】

ソールが2面になっているのが、スリクソンブランドの特徴のひとつ。ソールが面取りされていて振ったときの抜けが良くて、刺さりづらいという特徴があります。アスリートが際どいショットを狙うのに非常にいいソールです。

【スポナビGolf】

ヘッドサイズは標準と比べると少し小ぶりで、安心感のあるサイズです。形状としてはアスリート向けの適度なブレードの厚さ、セミグースくらいで球が少しつかまるような性能になっています。

試打で感じた特徴

球が少しつかまるような性能になっているので、非常に上からドンと狙っていくような弾道が打ちやすいです。

それでいてロフトが31度と立っているので割と距離は出ます。マッスルバックモデルと比べると、半番手から1番手近い距離が出ます。非常に距離が出やすいアスリートモデルです。

おすすめのユーザー

中級者から上級者まで、幅広いゴルファーが扱いやすいモデルに仕上がっていると思います。上達思考のある初心者の方にもオススメなので、ぜひ一度試してみてください。

口コミ

総合評価 ★★★★★★☆ 6.2口コミ33件

ぱんだまる
年齢:43歳 性別:男性 ゴルフ歴:6年~10年 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:90~99 平均ラウンド数:月1くらいかな
最近アイアンの精度というか、痛いミスが目立ち平均スコアが悪くなっている気がしています。もちろん練習不足も否めませんし、現在使用しているタイトのT100Sは気に入っていますが、通っている練習場に試打クラブがあったので、試打… [続きを読む]
けいおふ
年齢:31歳 性別:男性 ゴルフ歴:4年~5年 平均ヘッドスピード:36m/s~40m/s 平均スコア:100~109 平均ラウンド数:年に1回行くか行かないか
ZX5 NS950NEOを使っています。・飛距離ドライバーのHS40前後であれば、キャリーで135~150ヤードで安定します。それ以上に飛ばしたい方や、もっと飛距離のバラつきを抑えたい方向けのモデルではありません。・打球… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧