話題のテーラーメイド「SIM ドライバー」&最新作「SIMグローレ ドライバー」を比べてみた

スポナビGolf

【スポナビGolf】

テクノロジー満載で、多くのツアープロも注目するテーラーメイドのドライバー。そこで今回は、大人気の「SIM ドライバー」と新登場の「SIMグローレ ドライバー」をゴルフライターの鶴原弘高さんが試打。それぞれの魅力と特徴を解説していただきました。

テーラーメイド「SIMグローレ ドライバー」とは

グローレはテーラーメイドの日本市場向けのブランドです。前作はMシリーズの系譜をもつMグローレが出ていましたが、今回のワールドワイドモデルがMシリーズからSIMシリーズにモデルチェンジし、グローレもSIMグローレとなって新登場しました。

SIMグローレドライバー:フォルムの特徴

SIMドライバーのテクノロジーを引き継いだモデルになっています。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

アライメントにも使えるクラウンの白いラインが細くなり、構えやすくなりました。前作のMグローレと比べると格段に細くなっています。

【スポナビGolf】

SIMシリーズ最大の特徴はスピードインジェクション。ヘッド内部に樹脂を入れルール上限いっぱいの高反発を可能にしたテクノロジーで、SIMグローレにも採用されていますが、樹脂を入れている場所が違います。

【スポナビGolf】

フェース側からではなくてトゥ側のポートから樹脂が入っているので、フェース面はネジもなくきれいな状態です。今までネジが気になっていた方は安心して使える構造になっています。

SIMグローレドライバー:最大の特徴

SIM シリーズにない特徴は球のつかまえやすさです。グローレは日本市場向けのモデルとして、ドローバイアス設計を採用しています

【スポナビGolf】

ヒール側のウエイトでスイング中にヘッドをターンさせやすいことで、球をつかまえてスライサーは真っ直ぐ打ちやすくなります。まっすぐ打つと球がドローになりやすい特徴があります。

SIMグローレドライバー:試打の感想

実際に打ってみると、今までのグローレの特徴を受け継いで球はつかまえやすいです。構えたときには、ちょっとアップライト感があって球がつかまえやすそうな安心感もあります。

海外ブランドのクラブで球をつかまえづらいと思ってる方も、このSIMグローレであれば、まっすぐ打ちやすい、ドローを打ちやすいというメリットがあると思います。

【スポナビGolf】

SIMグローレの方が軽量設計で振り抜きやすく、弾道調整機能はなく接着式のネックになっています。シンプルに純正シャフトを使って飛ばしたい人にはおすすめです。

SIMグローレドライバー:おすすめのユーザー

SIMシリーズのドライバーを使っていて球のつかまりに不満がある方にはおすすめ。構えやすさや打感を優先しつつ、海外ブランドを使いたい人にベストなドライバーだと思います。

口コミ

総合評価 ★★★★★☆☆ 5.3口コミ29件

hidey67
年齢:60歳 性別:男性 ゴルフ歴:21年以上 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:80未満 平均ラウンド数:月に2回は行きます
良いクラブです。友人が使用しているのを見てシャフトをオーダーで購入。SIM2MAX、SRIXON ZX7 と所有していて打ち比べています。安定性は、 SIMGlOIRE ≒ ZX7 > SIM2MAX飛距離、どれも特に変… [続きを読む]
k-funahashi
年齢:61歳 性別:男性 ゴルフ歴:21年以上 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:90~99 平均ラウンド数:週一でプレーしてます
加齢とともに落ちてきた飛距離を少しでもカバーしたく、軽く柔らかいドライバーにしてみました。ZF40ですがSシャフトなので50gあり、クラブ重量も292gあります。M4のUSモデルAtmos RedのSシャフトを使用してい… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

SIM ドライバー:性能の特徴

【スポナビGolf】

M5から引き継いでるスピードインジェクションで、フェースをルールギリギリまで反発をよくする技術が搭載されています。

【スポナビGolf】

前作M5との一番の違いはヘッド形状で、トゥ側が膨らんだ洋梨型の形状になっています。構えたときに、球をつかまえすぎない方に振りたくなる印象があるので、左を嫌う上級者向きなクラブがSIMシリーズだと思います。

【スポナビGolf】

前作M5にはなかったスライディング・ウェイトテクノロジーが搭載されたことによって、弾道調整もドロー・フェイド側に動かせるのと同時に振り感が独特になっています。

レールを利用してブレずに飛ばしたいとか、アイアンのようにドシッと押しながら打ちたいゴルファーに向いていると思います。

SIM ドライバー:試打の感想

弾道的な違いは前作M5より低スピンになっている点。ヘッドスピードの速いゴルファーがハードヒットしてもスピンが増えず、ドンッと前に行くような球が打てるのが一番の特徴です。

テーラーメイドはウッドを作るのがとても上手で、構えやすさや打感、飛ばしやすさがトータルでいいモデルだと思います。

SIM ドライバー:おすすめのユーザー

「好きな選手が使ってるから」と言う理由で使っても良いし、アスリート寄りのゴルファーで低スピンで飛ばしたい人におすすめです。

口コミ

総合評価 ★★★★★☆☆ 5.5口コミ62件

simpin
年齢:48歳 性別:男性 ゴルフ歴:16年~20年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:2か月に1回程度
昔、カスタム9.5を購入しましたが、思いのほかパワーをしっかり出さないと飛ばないクラブでした。今回、中古で10.5を買ってみたのですが、びっくりするぐらい真っ直ぐにしか飛ばないです。しかも、意外とゆっくり振れます。スライ… [続きを読む]
初心者さん
年齢:26歳 性別:男性 ゴルフ歴:1年~3年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:100~109 平均ラウンド数:月1くらいかな
ステルス購入後にかなり安くヘッド単品で購入できたので、お試しで使ってみました。元々、SIM MAXを使用していたのですが、捕まりの悪さからステルスに変えました。初速も文句なし、方向性も良しでエースになる予定だったのですが… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

SIM ドライバー&SIMグローレドライバー おすすめポイント

ワールドワイドモデルのSIM ドライバーやSIM MAXドライバーは球のつかまりすぎを抑えて低スピンで飛ばせるモデルです。

それに対して、SIMグローレドライバーは球をつかまえやすく、日本人ゴルファーの体力に合うシャフトが装着され、軽量で振り切りやすいモデルになっています。ぜひ試打して比べてみてください。
撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧