PINGの人気パター 「SIGMA2 ANSER」& 「HEPPLER ANSER2」を解説!

スポナビGolf

【スポナビGolf】

PINGの人気パター「SIGMA2 ANSER」と「HEPPLER ANSER2」をクラブフィッターの小倉勇人さんが試打。それぞれの特徴と違いを解説していただきました。

※リンク先は外部サイトの場合があります

SIGMA2の特徴

【スポナビGolf】

渋野日向子選手が使用したことで人気になったパターです。「トゥン」という打感の音をキャッチコピーに使うぐらい、打感をフィーチャーしたモデルになってます。

【スポナビGolf】

最大の特徴であるTR溝によって、芯で打ったときに非常に柔らかくソフトな打感になっています。

芯を外したときに打感は損なわず、芯に当たったときより飛ぶような設計になっているので、芯を外しても転がりの差がないのがこのパターの最大の特徴になります。

ピン型パターについて

トゥヒールバランスのブレードタイプ形状はPINGが開発したもの。もともと特許を取得していましたが、多くの人に使ってもらうために特許が解除され、他のメーカーでも作れるようになりました。

モデルについて

【スポナビGolf】

SIGMA2のアンサーモデルは少し大きめで、フランジを少し大きくしてやさしく見せるようにできています。実際に芯を外しても転がりが良い、やさしいタイプのパターで人気の一つです。

HEPPLERの特徴

【スポナビGolf】

今年発売になったHEPPLERモデルは、ソリッドな打感を追求したモデルです。

【スポナビGolf】

フェース面はステンレス素材でツルツルにできています。衝撃吸収を作ってミスに強いソリッドな打感を作っていますので、打ったときにしっかりとした手応えがあります。

【スポナビGolf】

HEPPLERシリーズにも、 アンサーシリーズがあります。

ANSERとANSER2には共通の違いがあります。標準のANSERは丸みを持ったデザインになっていて柔らかい曲線になっています。

【スポナビGolf】

対して、ANSER2モデルは、スクエアで角張った形をしているので、好みが分かれるところです。

おすすめユーザー

ソリッドな打感でしっかり打っていきたい人は「HEPPLER」、柔らかい打感で、少しミスも助けて欲しい人は「SIGMA2」というような使い分けになるかと思います。

「こっちの方がカッコイイ」「こっちが柔らかくていい」などの理由でもいいと思いますが、道具に思い入れがないと思ったようなストロークができないので、自分が気に入ったものを選びことが大事。まずは実際に手に取って試してみてはいかがでしょう。
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧