待望の新作!PING「G425 ドライバー3モデル」をまとめて解説

スポナビGolf

【スポナビGolf】

PINGの後継モデルが進化した「G425 シリーズ」が発売します。そこで今回は、ゴルフライターの鶴原弘高さんに、待望のG425 ドライバー3モデルをまとめて解説していただきました。

G425 MAX ドライバー

【スポナビGolf】

前作のG410シリーズにはMAXというモデルがなく、待望のモデルがついに登場しました。G410 PLUSとG400 MAXをちょうど掛け合わせたようなモデルがG425 MAXです。

G425 MAX ドライバーは、慣性モーメントが高められていて重心がかなり後ろで、なおかつ低重心になっていますが、重さは感じられず意外と振りやすいドライバーです。ヘッドの中の重心位置やタービュレーターによる空力の効果かもしれませんが、大きなヘッドで深い重心位置の割には振りやすさも備わっているので、ヘッドスピードが遅い方でも意外と振りやすくて、球をつかまえやすい感じで打てると思います。

G425 LST ドライバー

【スポナビGolf】

G425 LSTドライバーは、ハードヒッターやスピンが多い人向けに作られたモデルです。LSTはロー・スピン・テクノロジーの略。低スピン弾道を打ちやすいのが特徴です。

重心が少し浅めになっているので、低スピンの強い球が打てます。前作のG410 LSTよりもさらにスピン量が減って飛ばせるモデルになっています。

これまでのPINGのLSTでは少しスピンが多すぎると思っていた人には、この新しいG425LSTが最適だと思います。

G425 SFT ドライバー

【スポナビGolf】

SFTはストレート・フライト・テクノロジーの略。ストレートと言っても球がつかまりやすく設計されたモデルになっています。こちらも前作G410SFTよりもさらにつかまり度がアップしているという進化を感じられます。

G425ドライバーシリーズの特徴

【スポナビGolf】

今回のG425ドライバーシリーズから、グリップに「ARCCOS(アーコス)センサー」が標準で搭載されました。スマホのARCCOS(アーコス)のアプリと同期すると自動的にショットを感知してショットのトラッキングができるようになります。

ドライバーだけでなくG425シリーズ全てのクラブで使えるので、ショットトラッキングやデータなどに興味を持っている方はそれだけでも買う価値があるかもしれません。

【スポナビGolf】

3モデルともに、空気抵抗を抑えるタービュレーターを搭載しています。

【スポナビGolf】

MAXとLSTモデルは高比重ウェイトを搭載し、3つのポジションで高慣性モーメントを実現。

【スポナビGolf】

PINGのドライバーと言えば慣性モーメントの高さが一番の特徴。3モデル全て慣性モーメントが高められてより曲がりづらくなっていますが、一番の注目はG425MAX。本当に曲げたくない人はこのG425MAXが最適モデルだと思います。

PINGのG425シリーズのドライバーは本当にまっすぐ飛ばしやすいので、ティーショットでのOBやミスショットなどの不安をなくしてくれるドライバーだと思います。ぜひ一度試してみてください。
撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧