【サーフィン】『波のサイズ』はサーファーによってさまざま(その二) シリーズ「おいらはサーファーの味方」

THE SURF NEWS

【 】

日本の『アタマ』はハワイではフラットって本当?
さて、サーファーが考える『波のサイズ』についてもう少し考えてみよう。海外ではそのサイズを『フィート』で表すことがほとんどだ。だがこのフィートにも前回のコラムで説明したように高さだけを表しているのではなく、『波のパワー』も含まれていると理解していい。

例えば6フィートの波というと、1フィートは約30cmだから6フィートで180cm。それなら高さだけを考えると『アタマ』か『オーバーヘッド』。ということは日本でもブレイクする波のサイズではないかと誰もが思う。

ところがハワイのノースショアだと、6フィートの波は、日本ではなかなかお目にかかれないパワフルなビッグウェーブとなってしまう。それはなぜかというと、ハワイは大きな波が豊富で、そのために波を小さくジャッジする傾向があるからだ。つまり「6フィートの波のパワーはこのくらい」というコンセンサスがハワイアンにはあり、そのパワーが足りなければ、仮に高さが6フィートあったとしても6フィートの波と彼らは認めない。

だからハワイへサーフトリップに出かけて、ロコが「今日は6フィート」と言ったら覚悟を決めてパドルアウトした方がいい。「今日は3〜4くらいかな」ともし言ったならば、日本のオーバーヘッドかもう少し大きいサイズだろう。「今日はフラットだよ」と言ったとしても日本で楽しむくらいの波はたぶんある。

カリフォルニアで6フィートというと日本と同じくらいかなと思う。じゃあバリでオーバーヘッドは?うーんどうだろう?人によって違うと思うけどおそらく4フィートくらいかなと思う。オーストラリアもそれと同じくらいだろう。でもこの4〜6フィートの見解は人によって意見が分かれる。

いずれにせよハワイとそれ以外の地域では『波のサイズ』の尺度は異なる。その違いはすでに言ったとおり、波のパワーが大きな理由だ。だからハワイで経験を積んだサーファーは波をハワイの基準でジャッジするようになる。またサーフィンの試合でも実況アナウンスが「6フィートハワイアンサイズ」と説明を入れることがあるくらいだから、ハワイの波のパワーは特別だということが分かる。

さてハワイでローカルサーファーから聞いた波の測り方を紹介しよう。

1. 波の背後から測る

これは多くのハワイアンから聞いた計測方法だけど、ちゃんと測るわけではなく目測とその場の雰囲気で決めていると思う。波のサイズなんてじつはそんなもの 【 】

サーフボードに浮かんで、そこを通過した波の背後を測る。背後から測ると正面から見た高さの半分以下になることが多い。だがどこを基準に測っていいか分からないし、小さな波だと測れない場合もあるから、ハワイアンにとって『アタマ』以下はやはりフラットなんだろうなと思う。

2. 波のリップからボトムまでを測る

同じ高さの波でも、『波のサイズ』は変わるということがこの図で理解できる 【 】

ブレイクする寸前の波のリップからボトムへ直線を引きその長さを測るというもの。言い換えればバレルの直径を測ってそれを『波のサイズ』とするようなものだ。

3. フェイスに沿って測る

大きいスウェルでファットなブレイクの波の測り方というか表現方法。小さい波には使わない 【 】

さて3.は、1.や2.のように垂直に測らないで波のフェイスに沿って測る方法。この場合は「10フィートフェイス」などと表現する。

つまりパワーはそれほどでもなかったけどフェイスの広い大きな波だったぜ。と人に自慢げに説明するときに使う言葉だから、サイズはかなりアバウトと思っていい。

まとめ

サーファーが口にする『波のサイズ』はやはり人さまざまで、一般の人にとっては理解しがたい。一つとして同じ波は無く、しかも波は一瞬にして終わってしまう。

でもサーファーにはサーフィンの経験から得た『波のサイズ』のフィーリングというのがある。腰サイズの波にはサーフボードから伝わる腰サイズの波のフィーリングがある。オーバーヘッドの波がブレイクする日は、そのサイズのフィーリングで海は包まれている。
それはサーファーだけが知る感覚でさまざまなんだけど、さまざまじゃない。

執筆:李リョウ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

THE SURF NEWS

サーフィン初心者向けのガイドから、コアなサーファーにも役立つレベルアップサーフィンなどHowTo情報を紹介!国内外のあらゆるサーフィンニュースを発信する「THE SURF NEWS」公式アカウントです。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧