【UT編】あなたに合うのは「SIM」か「MAVRIK」か? 最新モデルを徹底比較

スポーツナビDo

【写真:オレンジマン】

2020年の新製品として人気を集めているテーラーメイドの「SIM(シム)」シリーズとキャロウェイの「MAVRIK(マーベリック)」シリーズ。2月にリリースされたモデルに加え、キャロウェイは4月から新たに「MAVRIK MAX」の発売を開始した。

スポーツナビでは、アマチュアゴルファーながらベストスコア68を誇り、インスタグラムで1万人以上のフォロワーに向けてゴルフの楽しさを伝えている「オレンジマン」さんに、売れ筋上位の両メーカーのクラブを打ち比べてもらった。全3回にわたる試打レビュー。ドライバー編(5月3日掲載)、フェアウェイウッド(FW)編(10日掲載)に続き、最後はユーティリティ(UT)編をお届けする。

人気インスタグラマー「オレンジマン」が解説

スポーツナビをご覧の皆さま、こんにちは! オレンジマンです。今回はテーラーメイドの「SIM MAX レスキュー」とキャロウェイの「MAVRIK UT」「MAVRIK MAX UT」を打ち比べ、それぞれがどんな特徴のクラブなのか、どんなタイプの人に合うのかを解説していきます。

両社のUTの特徴として、「SIM MAX レスキュー」には、FWと同じようにVスチールソールが搭載されています。これは歴代のレスキューの中でも初めて採用されました。
一方の「MAVRIK UT」には、ドライバー、FWと同様にAIによって新たに生み出されたフェースが搭載されており、打点のバラつきに広く対応しています。

比較方法は今回も各モデル5球ずつ打ち、その平均値での解説になります。

「SIM MAX レスキュー」の試打レビュー

【写真:オレンジマン】

最初はテーラーメイドの「SIM MAX レスキュー」です。番手は4番(ロフト角22度)で、シャフトは純正の「TENSEI BLUE TM60」のSで試打をしました。

はじめに、構えてみるとヘッドが小ぶりで小さく見えます。ストレートネックで構えやすく、コントロール性能が高そうに感じました。
打音はバチッとしていて、芯に当たると抜けるような打感です。Vスチールソールのおかげでヘッドの抜けも良いです。

次にデータを見てみましょう。

【写真:オレンジマン】

ヘッドスピードは5球とも42m/s前後です。

飛距離性能は高いです。4番UTにもかかわらず平均が225ヤードでした。スピン量は平均4252回転で、ほどよくスピンが入ります。よく上がり、前に飛ぶような弾道でした。ボールスピードも平均59.6m/sと高い数字が出ました。

ややアップライトに感じたのですが、これは捕まりがいい証拠と言えます。実際に打ってみるとしっかり捕まっており、それでいて引っかからない。UTの弱点といえば、左に引っ掛かりやすいことだと思いますが、このクラブはそれが解消されています。

さらにFWと同じようにソールには貫通型スピードポケットが搭載されています。これにより打点が低くてもしっかりと球が上がり、弾道への影響が最小限になっています。

シャフトはドライバー、FWと同じでそれなりにしっかりとしていますが、ヘッドスピードがもっと速い人は、カスタムシャフトを選ぶのもいいと思います。

■おすすめユーザー
・平均的なヘッドスピードで振れる人
・UTで引っ掛けが出る人
・大きいヘッドのUTが苦手な人
・中級者〜上級者

口コミ

総合評価 ★★★★★☆☆ 5.9口コミ20件

kakeruson
年齢:36歳 性別:男性 ゴルフ歴:6年~10年 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:80~84 平均ラウンド数:月に2回は行きます
最近3年ほど使用してきたロッディオのユーティリティが微妙やなぁと思ってたこの頃、ラウンド帰りにアウトレットにて税込12100円にて。店員さんに冷やかしでも良いから打ってみてと言われ全く興味なかったけど1発目からバシバシ。… [続きを読む]
ロクデモナイス
年齢:41歳 性別:男性 ゴルフ歴:11年~15年 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:月1くらいかな
知り合いから格安で譲ってもらい、以前使っていたUTシャフトにリシャフトしたので、レビューさせていただきます。【やさしさ】シャフトは置いといて、球は拾いやすく打ちやすい印象です。【構えやすさ】ヘッドが小さめなので構えやすい… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

「MAVRIK UT」の試打レビュー

【写真:オレンジマン】

続いては、キャロウェイの 「MAVRIK UT」です。番手は4番(ロフト角20度)で、シャフトは純正の「Diamana 50 for Callaway」のSで試打をしました。

打つ前に、構えて感じることは、ヘッドサイズは平均的な大きさで、フェースのトゥ側が膨らんでいるように見え、捕まりが良さそうな印象でした。
打ってみると、バシッとボールが潰れるような打感の中に、しっかりと弾く感じもあります。

次にデータを見てみましょう。

【写真:オレンジマン】

まずは飛距離性能ですが、5球の平均が227ヤードと安定した飛距離が出ます。スピン性能は平均3895回転と低スピンだと言えます。ボールスピードは59.6m/sと、先ほどの「SIM MAX レスキュー」と同じ値で、なかなかの速さでした。

そして、何よりも芯の広さには驚きです。多少の打点のズレでも安定した弾道で飛んで、低スピン高弾道の強い球が打てました。AIフェースというだけあり、トップ気味の当たりでもしっかり球を拾って弾いてくれます。

試打したのは4番UTですが、ロフト設定が少しストロングになっているため、3.5番UTのような感覚です。それでいて、4番UTのような安心感と打ちやすさがある印象でした。

シャフトはハードな印象はなく、平均的なヘッドスピードがあれば十分に扱えると思います。

■おすすめユーザー
・平均的なヘッドスピードで振れる人
・打ち込むより払い打ちの人
・打点がよくズレる人
・しっかり飛距離を出したい人

口コミ

総合評価 ★★★★★★★ 7.0口コミ1件

breitling
年齢:53歳 性別:男性 ゴルフ歴:16年~20年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:85~89 平均ラウンド数:月に2回は行きます
EPIC HYBRIDからの買い替えです。捕まりがよく、ミスヒットに強いです。顔もキャロウェイ顔でトゥが高くアイアン的に構えられます。EPIC以降、ROGUEもEPIC FLASHもヘッドが大振りだったり、ウッド的だった… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

「MAVRIK MAX UT」の試打レビュー

【写真:オレンジマン】

「SIM」シリーズのUTは、ラインナップが「SIM MAX レスキュー」のみですが、「MAVRIK」シリーズには、「MAVRIK」「MAVRIK PRO」「MAVRIK MAX」の3種類(女性向けを含めると4種類)があります。先ほどはノーマルタイプの「MAVRIK UT」を試打しましたが、さらに優しいモデルの「MAVRIK MAX UT」も追加で試打してみました。

番手はこちらは5番(ロフト角24度)で、シャフトは「Diamana 40 for Callaway」のSです。
シャフトは中間部分がしっかりとしなる中元調子です。

優しさを求めるモデルということもあり、構えてみるとヘッドサイズも大きく、安心感があります。実際に打ってみても優しさを感じます。特に直進性が高く、ある意味曲げにくい印象でした。スピン量も多めで、球の拾いやすさも感じます。
さらに「MAVRIK UT」と同様に、AIフェースのおかげで打点のズレによるボールスピードの減速や、弾道への影響は最小限となっています。

■おすすめユーザー
・とにかく優しいUTを求める人
・球を楽に上げたい人
・許容性の高いクラブを求める人

ユーティリティ編まとめ

「SIM MAX レスキュー」と「MAVRIK UT」については、どちらも同じようなターゲット層に向けたクラブです。
その中でも、小さいヘッドが好みで、左を気にしたくない人には「SIM MAX レスキュー」を、見た目の安心感と打点のバラつきに強いクラブを求めるなら「MAVRIK UT」を選ばれるといいのではないでしょうか。
また、さらに優しくてオートマチックなUTを求める方は「MAVRIK MAX UT」を選ばれるのがいいと思います。
いずれも飛距離性能の高いクラブなので、飛距離以外の何を目的にするかで決めてみるのもいいと思います。

(文・写真:オレンジマン)

■「オレンジマン」プロフィール
ゴルフ歴16年のアマチュアゴルファー。ベストスコアは68。現在インスタグラム(@orangeman0114)でゴルフ動画をメインに配信中。学生時代にゴルフ部でもなく、コーチングやレッスンも受けたことのない、完全我流ゴルファー。ゴルフ人口増加のため、ゴルフの様々な楽しみ方を老若男女問わず伝えることが目標。


※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは執筆者の判断に基づいています。撮影した場所およびデータについては許諾を得て制作しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポーツナビDo

習慣的にスポーツをしている人やスポーツを始めようと思っている20代後半から40代前半のビジネスパーソンをメインターゲットに、スポーツを“気軽に、楽しく、続ける”ためのきっかけづくりとなる、魅力的なコンテンツを提供していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧