コレを買っておけば間違いない!PING「Sigma 2 Anser Platinum パター」 3モデルを比較

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2019年の全英女子オープンで、渋野日向子選手が優勝した際に使用したことで注目が集まったPING「Sigma 2 Anser Platinum パター」。今回はこのパターの3モデル(標準グリップ3種類)をクラブフィッターの小倉勇人さんが試打。その特徴を比較・解説していただきました。

標準グリップが3種類

【スポナビGolf】

Sigma 2 Anser Platinum パターにはPP58、PP60、PP62の3種類の標準グリップがあります。

ヘッドは3種類とも同じ仕様

【スポナビGolf】

ヘッドはいずれもオーソドックスなピンタイプ。操作感とやさしさを両立させたヘッドになっています。

【スポナビGolf】

少し厚めにできていて、構えたときの安定感ややさしさを演出しています。

【スポナビGolf】

フェースのTR溝によって芯を外しても飛ぶように設計されています。芯を外しても、芯を捉えたときと同じくらい転がり、飛距離差が出ないのが特徴です。

打感の感想

打感は樹脂製のインサートにより、「トゥん」という打感で柔らかい中にも打ちごたえのある感触です。

PP58グリップ

【スポナビGolf】

PP58グリップは細めのグリップ。手首が使いやすく操作のしやすい仕上がりになっています。細かいアジャストやインパクトの強弱を手首でつけやすいので、細かく操作したい人にマッチすると思います。

PP60グリップ

【スポナビGolf】

PP60グリップは少しホームベース型になっていて、PP58よりひと回り太く、ほぼ均一の太さのグリップに設計されています。オートマチック感を出したい、手首の使いすぎに悩んでいる方におすすめです。

PP62グリップ

【スポナビGolf】

PP62グリップはさらに太く、ほぼ均一な太めのグリップ。PP60よりもさらにリストが使えない仕様なので、シャープなヘッドでオートマチックに振りたい、ミスをなくしたい人におすすめです。

おすすめユーザー

グリップが太くなるにつれオートマチック度が増していくので、自分で操作をしたい人はPP58グリップをおすすめします。

オートマチックにミスを減らしたいのならPP62グリップがおすすめ。PP60はその中間になるので、好みや自分のプレースタイルに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

口コミ

総合評価 ★★★★★☆☆ 5.6口コミ13件

910
年齢:45歳 性別:男性 ゴルフ歴:21年以上 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:80未満 平均ラウンド数:月に2回は行きます
ピンがパターをリニューアルするまえに購入しました。やはりメジャーを勝ったパターは貴重です。1本コレクションとして、パターの練習として買いました。今日プレーしましたが、思ったより左に引っ掛けにくいと感じました。ピン型はさん… [続きを読む]
赤い彗星のファー
年齢:45歳 性別:男性 ゴルフ歴:6年~10年 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s 平均スコア:80~84 平均ラウンド数:月1くらいかな
大型マレットを使用していたが違和感が強くなりPINGのパターフィッテイングを経て購入。自身に合うようにカスタム!!シャフト長さの調整機能付きを選んだのは後々色々悩んでも自身で多少の調整がきくかなと。打感も個人的に好きな感… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧