【2020年2月7日発売】テーラーメイドゴルフ『SIM(シム)』『SIM MAX(シムマックス)』ドライバーの新テクノロジーが公開

クラブPCMサイト

【クラブPCMサイト】

 2020年ドライバーが発表されました。人気のテーラーメイド ゴルフ・新ブランド『SIM(シム)』『SIM MAX(シムマックス)』ドライバーは、どんなテクノロジーなのでしょうか?
本日行われた、新製品発表会でその全貌が公開されました。

『M』シリーズで証明されたマルチマテリアル技術をベースとし、次のフェーズとして、新しいヘッド 形状を実現

【テーラーメイドゴルフ(株)】

 これまで数多くのツアープロの勝利に大きく貢献してきた『M シリーズ』で培ったマルチマテリアル構造をベースとしながら、新たにスイング中の空気抵抗を可能な限り減らしたヘッドシェイプを実現した『SIM(シム)/SIM MAX(シムマックス)』シリ ーズ。

 まっすぐ飛ばすためにフェースをねじるという新しい発想から生まれた革新的テクノロジー「ツイストフェース」、ヘッドの反発力をルール上最大限にするチューニングテクノロジー「スピードインジェクション」の機能に加え、ダウンスイング中の空気の流れをスムーズにし、力強い加速を助ける「イナーシャ ジェネレーター」をドライ バーに搭載する事で「よりまっすぐ、より遠くへ、より速く」を実現します(テーラーメイド ゴルフ(株))

飛距離を生み出す次世代のカタチ「イナーシャ ジェネレーター」を新たに搭載

 風洞実験を重ねた結果、低・深重心を実現するためにヘッド後方下部に装着したウェイト「イナーシャ ジェネレーター」が 、スイングの重要な局面であるヘッドが最も加速していくハーフウェイダウン〜インパクトで空気抵抗を発生させてしまう事が判明しました。
 
 そこで、「イナーシャ ジェネレーター」をスイング軌道に合わせて斜めに搭載したことでヘッドの加速時に スムーズに空気が流れ、空気抵抗を可能な限り減らし、ヘッドスピードアップに成功しました。

『SIM/SIM MAX ドライバー』 は「よりまっすぐ、より遠くへ、より速く」を実現します(テーラーメイド ゴルフ(株))

【テーラーメイドゴルフ(株)】

『SIM』ドライバー:新たなヘッドデザインが生み出す空気抵抗減少のよるヘッドスピードアップ&低重心化&寛容性アップに加えて、個々に応じた調整機能も併せ持つ

【テーラーメイドゴルフ(株)】

・ダウンスイングのスピードアップを実現する「イナーシャ ジェネレーター」が、空力効率と高慣性モーメントを両立。「速くて・やさしい」ヘッドが誕生。

・フェースの反発性能をルール上最大限にチューニングした「スピードインジェクション」搭載の「ツイストフェース」で、ミスヒットをナイスショットに。

・「スライディングウエイト」と「ロフトスリーブ」で個々のプレーヤーに応じた最適弾道に調整可能。

・「三菱ケミカル」と共同開発したオリジナルシャフト「TENSEI SILVER TM50」の他、3タイプのアフターマーケットシャフトを採用。

『SIM MAX』ドライバー:新たなヘッドデザインが生み出す空気抵抗減少のよるヘッドスピードアップ&低重心化&寛容性アップに加えて、大型フェースがよりやさしい

【テーラーメイドゴルフ(株)】

・ダウンスイングのスピードアップを実現する「イナーシャ ジェネレーター」が、空力効率と高慣性モーメントを両立。「速くて・やさしい」ヘッドが誕生。

・フェースの反発性能をルール上最大限にチューニングした「スピードインジェクション」搭載の「ツイストフェース」で、ミスヒットをナイスショットに。

・より重いバックウエイトと大型フェース搭載で『SIM』ドライバーよりも優しく、高弾道を生みやすい高い寛容性を実現。

・「三菱ケミカル」と共同開発したオリジナルシャフト「TENSEI BLUE TM50」の他、3タイプのアフターマーケットシャフトを採用。

【クラブPCMサイト】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

クラブPCMサイト

大手・地クラブメーカーの、カスタマイズとクラフト・フィッティングを極める「PCM(プロフェッショナル・クラフトマン・マガジン)」が、ギアとスイング、ショップ情報も発信します。クラブ選びのヒント満載です。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧