上り坂をラクに走るには?ロードバイクの上りテクニック

スポーツナビDo

【スポーツナビDo】

ロードバイクで上り坂のライディングが苦手な人は少なくないかもしれません。そこでTeam AOYAMAの青山剛さんに「ラクに上り坂を走るテクニック」を教えていただきました。ライディングのときの姿勢やハンドルの握り方をしっかりチェックして、トライしてみましょう。

効率的にライディングするための上りのテクニック

【スポーツナビDo】

1:バーの上を握り、上体を少し起こすことで、呼吸がラクになります。

【スポーツナビDo】

2:腰を少し引いて、サドルの後ろ側に座りましょう。

【スポーツナビDo】

3:ハンドルをしっかり引くことで、キツイ上り坂でも足が回りやすくなります

【スポーツナビDo】

4:かかとが落ちないようにペダルを回すことで、足の疲労を軽減させることができます

【スポーツナビDo】

しっかりハンドルを引いてリズムを一定に保つことを意識しましょう。

【スポーツナビDo】

効率よく坂を上れば、筋力&心肺機能アップにつながります。

まとめ

上りが上手になるとロードバイクが楽しくなります。ライディングに合った姿勢やハンドルの握りができていないと、無駄に体力を消費してしまい、ロングライディングを楽しめません。今回教えていただいた1〜4のポイントをしっかり意識しながら、上りのリズムを一定にこいでみましょう。なお、走行時には、ヘルメット・サングラス・グローブの装着することをお忘れなく。

【出演/監修】青山剛(Team Aoyama)
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポーツナビDo

習慣的にスポーツをしている人やスポーツを始めようと思っている20代後半から40代前半のビジネスパーソンをメインターゲットに、スポーツを“気軽に、楽しく、続ける”ためのきっかけづくりとなる、魅力的なコンテンツを提供していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧