【サーフィン】世界のロングブレイクとその攻略法(1) 〜『長い波』で膝ガクガクしてみたい?〜

THE SURF NEWS

【media.newzealand.com】

何百メートルも続く『長い波』に乗ったことありますか?カービングターンを駆使して走っても走っても続くロングウォール。そのような膝がガクガクする波は日本には少ないけれど、海外には『長い波』ってけっこうあるんです。サーフィンが上手くなりたかったら『長い波』が特効薬です。

トム・カレンの美しくスタイリッシュなターンもあの長いリンコンの波で練習したからだと言われていますね。『長い波』は何度もターンが試せますからたった一本乗っただけでもサーフィンが上手くなったことを実感します。ビーチブレイクでワンアクションするだけがサーフィンじゃあありませんよ。オーバーヘッドの波でターンが決まるようになってきたら貯金をかきあつめて外国を目指し膝がガクガクするほどの『長い波』を味わってみましょう。一生の思い出になりますよ。

というわけで比較的ファンで安全な世界のロングブレイクを3つ紹介いたします。全編ではロングブレイクの攻略法も紹介。

パボネス コスタリカ

ブレイク:レフト
距離:300m~1000m
海底:玉石、砂
パワー:ファン
波の確率:80%(1年で150日)
ベストシーズン:3月から10月
膝ガクガク度(最高★5):★★★★★

photo from wannasurf.com 【photo from wannasurf.com】

コスタリカの首都サンホセから車で8時間。中南米の暖かい海とジャングルそしてラテンの文化が好きな人にはパボネスは最高のデスティネーションです。気温は1年を通じて28~30℃とサーフトランクスと日焼け止めクリームだけで大丈夫なぐらいですね。この波はトーマス・キャンベルの映画 Sproutにも登場しますね。このコスタリカの大自然にある『長い波』パボネスは現代社会から隔絶した場所でショッピングモールもATMもありません。だから地球上に残された数少ないサーファーズパラダイスの一つと言われています。ちなみにコスタリカは中南米でも治安の良い国としても知られています。

リンコン カリフォルニア

ブレイク:ライト
距離:100m~500m以上
海底:玉石、砂
パワー:究極のファンウェーブ
波の確率:50%(ウインタースゥエルのみ)
ベストシーズン:11月から3月
ウェットスーツ:フル、ブーツ、グローブ、キャップ
膝ガクガク度:★★★★☆

Rincon photo by Tom Cozad(www.driftsurfing.eu) 【Rincon photo by Tom Cozad(www.driftsurfing.eu)】

LA国際空港から車で北に2時間。ベンチュラとサンタバーバラの間にその『女王』と呼ばれる長いライトブレイク、リンコンがあります。国道101沿いから丸見えだから場所を探すこともないし駐車場も無料。今回紹介するサーフブレイクでは一番アクセスが楽だといえるでしょう。ただしこの波を当てるにはちょっとした準備と幸運が必要です。まずこのサーフポイントにはノースかノースウエストのスウェルしかヒットせず、しかもチャンネル海峡の奥にポイントがあるために大きなスゥエルしか届きません。つまり北半球が冬でハワイへ大きな波が押し寄せたときがチャンスですね。届き始めると数日続くことがあります。しかしながらあまりに有名なリンコンですから、波がブレイクするとカリフォルニアのサーファーが集結するために混雑は鉄板です。しかしテイクオフがイージーで一本の波で200メートルくらいはサーフできますから、数本乗るだけでも満足度は高いといえます。アフターサーフィンも充実していてベンチュラにはパタゴニアの本店があるし、サンタバーバラへ行けばチャンネルアイランドやイエーターサーフボードの店があります。

ラグラン・マヌベイ ニュージーランド

ブレイク:レフト
距離:100m~500m以上
海底:岩
パワー:パワフル
波の確率:70%
ベストシーズン:11月から3月
ウェットスーツ:フル、ブーツ、
膝ガクガク度:★★★★★

photo by solscape 【photo by solscape】

オークランド空港から車で2時間。マヌベイはラグランにある4つのサーフブレイクのうちの1つです。ニュージーランドはオーストラリアに気候が似ていて過ごしやすいです。ただ水は冷たくフルスーツが必要なことと海底が岩ですから怪我をしないためにもブーツをお勧めします。ラグランはニュージーランドの美しい大自然に囲まれていますが、住宅も多く人里離れた場所というわけではありません。レイドバックした土地の雰囲気がありナチュラル志向のサーファーにはお勧めの場所です。バックパッカータイプから高級ホテルまでさまざまな宿泊施設があります。

執筆:李リョウ
※全編では『長い波』の攻略と裏技も公開中!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

THE SURF NEWS

サーフィン初心者向けのガイドから、コアなサーファーにも役立つレベルアップサーフィンなどHowTo情報を紹介!国内外のあらゆるサーフィンニュースを発信する「THE SURF NEWS」公式アカウントです。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧