「30歳で覚悟した」タレント・森下千里さんの自分らしい生き方とは

ヨガジャーナルオンライン

自分の心の声に向き合うことは、簡単なようでいて難しい。「本当にやりたいことって何?」私たちは、自分の心の声を無視して、日々をサバイブすることに慣れている。だけど、そんなあなたは心の底から笑えているだろうか? 本連載ではインタビュー形式で、笑顔が素敵な女性たちの「笑顔のきっかけ」を探っていく。彼女たちにとって、笑顔にさせてくれるコトって何だろう? どうやってそれを見つけたのだろう? そして、それを始めたときの「はじめの一歩」って?

※リンク先は外部サイトの場合があります

「達成感を味わい続けるために」森下千里さんインタビュー【わたしの、はじめの一歩】

タレント・作家としても活躍する森下千里さん。一時芸能活動を休止して自らを見つめ直し、30歳で新たな人生をスタートさせた。そんな彼女の笑顔の元にあるものとは。

――最近は芸能の世界だけでなく、小説やピラティス、ゴルフなどの世界において多岐に渡って活躍されていますね。まず、新たな世界へ飛び出そうと思ったのは何故だったのでしょうか。
「実は芸能人になりたくてなったわけではないんです。21歳で名古屋から上京したての私は、あまり深く考えずに生半可な気持ちで芸能活動を始めてしまいました。でも、時代が良かったこともあり、仕事に恵まれないということはありませんでした。テレビにはコンスタントに出演させていただいていましたし。当時は目の前のことをとにかく我武者羅にやっていましたね。でも何の準備もなく始めてしまったので、焦りを感じ始めたんです。帰っても寝るだけで、仕事場と睡眠を取るだけの家との往復生活。テレビに出れるだけでもラッキーなことですが、あるときからそんな生活に物足りなさを感じるようになりました。もっと何かできるのではないか、と考え始めたのが5年ほど経ってからだと思います。」

【Photo by Azusa Hasegawa】

――その後何か大きなきっかけがあったのでしょうか。
「いくつかあるのですが、例えば、ある時スタイリストも良いかも!と思ったことがあり、人気スタイリストの方に『どうしたらスタイリストになれますか?』と聞いてみたんです。そうしたら、『あなたは洋服にいくら借金ができる?』と言われました。それを聞いてハッとしましたね。今の自分には、何かを引き換えにできるほど本気になってやっていることってないなと。でも本当に自分に合っていることが何なのかは、まだその時は見つけられずにいました。」

――それからどのようにピラティスやゴルフの世界へと歩み始めたのでしょうか。
「25歳くらいの時、番組でゴルフに出合ったんです。初心者の私がワンポイントレッスンを受けるのですが、特殊な能力がなくてもできそう!と思い、プライベートでもやるようになりました。小学生の頃の体育の成績は“2”だったし、虚弱体質な私は一切スポーツをやってこなかったんです。走ることも泳ぐことも大の苦手。でも私でも球があたるんですよ(笑)。もっと真剣にやってみようと続けていたのですが、もちろん体力が追いつかず。そこで友人のすすめでピラティスを始めてみたら、どんどんはまってしまって。ゴルフを続けるための体力作りで始めたピラティスにはまり、本気で向き合うようになりました。その時に、せっかくやるならゴールが欲しいと思い、資格を取ろうと決心しました。芸能の仕事はゴールの設定が難しいこともあり、何か“コンプリート!”と思いたかったんですよね。マラソンのゴールテープを切るように、達成感を味わいたかったんだと思います。取ったら取ったで、それがゴールではないことに気づき、また新たな目標が見えてくる。その繰り返しが楽しく、達成感を味わい続けたいと思うようになりました。」

【Photo by Azusa Hasegawa】

――実際に芸能の仕事と距離を置くようになったのはいつ頃ですか?
「ちょうど30歳の時です。私のピラティスの先生はアメリカの方だったので、スケジュールが合わないことがありました。次のタームに進むために、どうしても取りたいコースがあったのですが、そのタイミングがドラマの撮影とバッティングしてしまったんです。もちろん仕事なので撮影を優先したのですが、そのことに違和感を感じてしまいました。自分が芸能の仕事と、うまく向き合えていないことを実感したんですよね。仕事を始めた当初から社長と二人三脚でやってきたので、社長に良い顔をしたいという思いもあり、ここまでやってきました。でも自分でチャレンジしてみようと思い、一度芸能活動をやめることにしました。」

本気で始めたピラティス

――そこからピラティスやゴルフを生業として、本格的に活動をスタートさせたんですね。
「そうですね。私はもともと趣味が多い方で、実は他にもさまざまなことに手を出していました。学ぶことが大好きなんですよね。やってみないと分からないし、話してみないと分からない。だからいろんなことに挑戦してみて、資格もたくさん取得しました。でも会社をやめた時に一度整理が必要だと思い、自分に本当にフィットしていることは何かを真剣に考えました。その中でピラティスとゴルフは一生やるな、と即決できたんです。本気でやってみようと覚悟しました。ピラティスは最近まで教えていましたね。今はゴルフの新しい事業に向けて忙しい日々を送っています。」

――新しい事業について聞かせて下さい。
「多くの人にゴルフライフの素晴らしさを知ってもらうべく、新たな事業に取り組んでいます。まず、ゴルフのティーチングの資格を取ったのも、仲間を増やしたいと思ったからなんです。
“早起きして空気の良いゴルフ場に行ってラウンドする。一緒にまわる人との会話を楽しみながらのスポーツ。夕方には終わり、都内に戻ってレストランで仲間との食事を楽しむ。ひと汗かいた後の食事は格別に美味しい。”
そんないち日の使い方って、健康的でとても豊かだと思うんです。ただ誰かのゴルフの腕を上達させるために、レッスンを持ちたくて資格を取ったのではなく、ゴルフライフの豊かさを知ってもらうために資格を取りました。ただのゴルフ好きの人が『楽しいよ!』と言ってゴルフ人口を増やすよりも、プロである私が言う方が説得力があるし、効果があると思うんです。より多くの人を巻き込めるはずだなと。そして今年に入り、ゴルフとのタッチポイントをさらに増やすべく、次のステップとして、ゴルフウェアブランドをスタートさせようと決心しました。来月オープンなので今ちょうど佳境ですが、この事業は本名で、本気でやります(笑)!」

新たに始めるゴルフ事業に向けて邁進中!

――今が充実していることが、表情から感じられます。森下さんは弾ける笑顔がとても印象的ですが、どんな時に一番自然な笑顔でいれると思いますか?
「人と話している時!芸能活動を始めた時からこれまで、本当に多くの方に支えられ、いろんな人に影響を受けながら生きてきました。人との関わりが全てだと思っています。話していると、自然に笑顔になれますね。」

【Photo by Azusa Hasegawa】

――プライベートについて聞かせてください。今何かはまっていることはありますか?
「私の人生で欠かせないものとして他にあげるとしたら、旅と占いですね。占いは数年前からはまってしまって、スクールに通っています。やはりすぐ突き詰めちゃうんですよね(笑)。そして旅は、先ほどの笑顔の話にも近いですが、いろんな出会いがあることが楽しい。年齢や肩書きなども関係なく、心の付き合いができる時間。とても大切にしています。昔は飛行機が本当に苦手で、乗る前日に墜落する夢を見ていたんです。それが今では3か月に一度は飛行機に乗らないとソワソワするようになりました。気持ちの部分が大きいのでしょうね。」

――最近行った旅で印象に残っているのはどこですか?
「久しぶりに行ったローマかな。ロケで何度か行ったことがあるのですが、やはり仕事で全て行程が決まっていると、場所の記憶が曖昧なんですよね。当たり前かもしれませんが、自分で地図を見ながら目的地にたどり着くことが楽しく、これまでのローマとは全く別の、記憶に残る旅になりました。」

――仕事もプライベートも妥協せず、突き進む姿は聞いていて気持ちが良いです。
「ありがとうございます!ようやく私らしい生き方が分かってきたのかもしれません。自分ときちんと向き合えるようになったので、改めてタレント活動もスタートさせました。現状に満足せず、常に次の景色が見たくなる。夢は膨らむばかりです!」

言葉に淀みがない。スポーツが大の苦手だと言う言葉だけがどうしても信じられなかったが、そのくらい健康的でとにかくバイタリティ溢れる女性だ。何ごとも決断するときには悩むし、はじめの一歩を踏み出すときには不安で時間がかかったりするものだ。彼女はそんなとき、人に話してある程度は笑い飛ばしてきたのだろう。そして30代で人生を大きく変化させた。その潔い生き方は聞いていて清々しい。
連載のタイトルでもある「はじめの一歩」は、意外と軽やかに踏み出すことだってできるんだ。そう思わせてくれた。
今は37歳目前(1週間後に誕生日を迎えるそう!)。まだまだ大きな夢に向かって、彼女は走ることだろう。

森下 千里/Chisato Morishita(Instagram:morishitachii)
1981年、愛知県生まれ。
多数のTV出演などのタレント活動に加え、2015年には小説「倍以上彼氏」(河出書房新社)を執筆。
USGTFゴルフティーチングプロ、GYROKINESIS® trainer、FP2級、マネーマネジメント 1級 など多彩の資格も取得している。



Text by Sahoko Seki
Photos by Azusa Hasegawa
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ヨガジャーナルオンライン

世界のヨガ情報を発信するニュースメディア。ボディメイクに役立つポーズや不調を解消するメソッドのほか、ファッション、ヘルシーフード、ヨガを愛する著名人へのインタビューなど、ビューティ&ヘルス系の最旬トピックスを配信します。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧