寄せて上げてはNG! スポーツブラの“意外”な正しい着け方

スポーツナビDo

【スポーツナビDo】

 スポーツを始めて、少しずつスポーツブラに興味を持っている方もいるのでは。でも必要性がイマイチ分からない部分も……。

「スポーツブラって必要?」「カップ付タンクトップじゃダメ?」などなど、アディダスジャパンのブラコンシェルジュ資格を監修するなど、下着コンシェルジュとして活躍中の山田奈央子さんにスポーツブラに関する疑問を直撃。ご自身もスポーツを楽しむ山田さんの経験に基づいた、スポーツブラの最適な付け方、サイズチェック方法などを教えていただきました。「寄せて、上げて〜」はNGなんて、知らなかった!

「昔からスポーツが好きな“体育会系女子”なんです」と話す山田さん。現在は仲間とトライアスロンを楽しんでいるそう 【スポーツナビDo】

Q:スポーツブラは付けるべきですか? 普通のブラではなぜダメ?

A:はい! スポーツのときは必ずつけてください。

 普通のブラジャーは胸の形をきれいに保つことが目的なので、“動き”にそれほど対応しているものではないんです。それでスポーツをすると、ワイヤーや脇にあるボーン、レースの生地が当たったて擦れたりして肌が痛くなることがあります。汗を吸いにくい素材が使われている場合もあります。汗をかいたり動いたりするときには、やはりスポーツブラを着けた方が良いですね。私自身も昔からスポーツが好きな“体育会系女子”なので、もちろん着けていますよ。

Q:スポーツブラをしないと、どういう影響が?

A:バストの形崩れに影響します。スポーツのパフォーマンスにも。

 バストの下垂や横広がりの原因になります。スポーツしている時、胸はすごく揺れるのですが、スポーツブラはその揺れを抑える役割をしてくれます。でもスポーツブラをしないと、揺れの影響でバストを支えているクーパー靭帯という組織が切れてしまいます。クーパー靭帯は一度切れてしまうと元に戻らないので、バストを支えているものがなくなって形が崩れてしまうんです。特にランニングなどの激しい運動は、しっかりと揺れを抑えていないと危険。胸が大きい方は絶対にした方がいいです。でも、バストのサイズに関わらず、みんな気をつけた方がいいですよ。

Q:スポーツのプレー、パフォーマンス自体への影響はありますか?

A:着用した方が“思いっ切り”動けます。

“動きやすさ”に影響があります。スポーツブラに関するイベントに出演した際、「揺れが気になるから、胸を抑えてランニングをしていました」という声を(普通のブラでスポーツをしている女性から)聞いたことがあります。揺れが気になってしまうと、思い切り走れないし良いパフォーマンスができにくい。そういうことも影響のひとつですね。
「ここに当たって痛いな」とか気になりだしたら、本当はもっと速く走れるのにペースを抑えてしまうかもしれない。スポーツブラを着用した方が、そういった痛さや動きにくさが解消されて、メンタルとフィジカルの両方に良い影響が出ると思います。

「サポートタイプ」に違いがあるスポーツブラ。今回お邪魔した女性のスポーツライフに特化した店舗、「アディダス ウィメンストア(有楽町マルイ店)」には、色も形も様々なアイテムがたくさん! ブラコンシェルジュが最適アイテム選びをサポートしてくれます 【スポーツナビDo】

Q:カップ付タンクトップではダメですか?

A:スポーツブラとしては意味がありません。

 スポーツブラをする目的は揺れを抑えること。そのためにしっかりとフィット感があり、全体的にしっかりとバストを抑えてくれる構造になっています。
 でも、スポーツ用ではないカップ付タンクトップは、揺れを抑える構造にはなっていません。ワイヤーはないですし、着用感は楽かも知れないのですが、スポーツ用としてはあまり意味がないんです。

Q:スポーツブラには、タンクトップ型、ハーフトップ型などいろいろな形があります。自分に合うものを選ぶ方法は?

A:スポーツの種類、サポートの強度で選びましょう。

 着丈の長さと言うよりも、自分がやっているスポーツの種類、タイプで選ぶのがいいと思います。アディダスさんの場合だと、(バストの揺れを抑えるサポートの強度別に)ライトサポート、ミディアムサポート、ハイサポートの3つに分かれています。どのメーカーさんのものでも、競技・用途に合わせて選ぶのがいいですね。ちなみに、サポートタイプによって使用している生地の厚さや強度も全然違います。着心地も胸元の作りも違うので、着てみるとすぐに分かると思いますよ。

・サポートタイプ別の特徴と適したスポーツ
ライトサポート:サポート強度は低め。ヨガ、ストレッチなど、リラックスして体を動かすスポーツに向いています。着心地は楽ですが、これでハードな運動をすると多少揺れはあります。

ミディアムサポート:サポート強度は中。ダンスなど、激しい動きとゆっくりした動き、両方があるスポーツ向き。

ハイサポート:サポート強度は、3つの中で一番高いです。ランニング、テニス、バレーボールなど、常時、動きのあるスポーツ向き。バストのサイドだけでなくて、全体的なサポート力があります。

スポーツブラを持っているけど使っていない方、その理由は「着脱時の苦しさ」では? アンダーの部分にアジャスタ&ホックが付いたタイプなら、お悩み解消できるかも 【スポーツナビDo】

Q:用途以外に選ぶ時のポイントは?

A:普通のブラと同様に、試着をしましょう。

 競技別の選び方があるといっても、人によって体型は違いますよね。普通のブラジャーもそうですが、スポーツブラは特にちゃんと試着して、ご自身の体にフィットするかどうかを見る必要があります。先ほどからお話ししている衝撃や揺れを抑えるには、かなりのフィット感が重要ですから。
「普段はB70だからスポーツブラならMサイズくらいかな」とか、デザインで選んだりする方もいるかもしれません。でも、ここのアディダスさんの店舗のようにしっかりと採寸、フィッティングしてくれるところで、自分に合うスポーツブラを見つけるのがいいと思います。
 スポーツ人口が増えていって、体型はスリムになっているのに、気が付いたらどんどんみんな胸が垂れていたとなったら、せっかく運動しているのにもったいないです。スポーツ人口が増えているからこそ、こういうことをしっかりと伝えていきたいと思いますね。

こちらは肌に触れると冷感を感じる「アイスドット」が背中部分についているタイプ 【スポーツナビDo】

※上記写真の商品は在庫に限りがあります。在庫状況は直接お店にお問い合わせください。

1/2ページ

著者プロフィール

スポーツナビDo

習慣的にスポーツをしている人やスポーツを始めようと思っている20代後半から40代前半のビジネスパーソンをメインターゲットに、スポーツを“気軽に、楽しく、続ける”ためのきっかけづくりとなる、魅力的なコンテンツを提供していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧