仲間と限界を楽しみ、未来に“そなえろ” PUMA「24時間トレーニングマラソン」

【(C)走るひと】

【(C)走るひと】

 2015年9月18日。週末の夜、都内某所に80名の挑戦者たちが集結した。開催されたのは、「PUMA 24時間トレーニングマラソン」。24時間にわたり体力、瞬発力、柔軟性、精神力を競うべく、4名1チームでさまざまなトレーニングメニューに挑むというイベントだ。トップアスリートたちが、日々努力を惜しまずトレーニングを行い“そなえる”ように、限界にチャレンジする。タレントの中村静香さん、モデルの持永真実さん、女優の高山都さんらと結成した「チーム走るひと」も、このイベントに参加してきた。

Photo : Takashi Imai, Yuito Ueda(走るひと編集部)/Text : Kyoka Sasanuma(走るひと編集部)

【(C)走るひと】

【(C)走るひと】

体のすべてを駆使して挑む

 プログラムは全部で6つのセッションに分かれており、それぞれスピード、パワー、柔軟性、持久力、頭脳、そして最後に総合力を競う。各セッションでは、縄跳びやメディシンボールスロー、ランといった定番のものから、竹馬や記憶力対決などユーモアあるものまで、計14種目のトレーニングが実施された。今回は、そのなかでも印象的だった3つのセッションを紹介する。

SPEED

【(C)走るひと】

 このセッションでは瞬発力を鍛え、競う。3分間の縄跳び耐久戦「JUMP ROPE」、足首ほどの高さの台を左右に飛び越えた回数を競う「STEP JUMP RACE」、そしてミニハードルやラダーなどが設置されたコースをリレー形式で駆け抜ける「SPEED CIRCUIT」の3種目が行われた。

【(C)走るひと】

 このセッションに参加したのは、ホノルルマラソン完走経験もあるタレントの中村静香さん。

【(C)走るひと】

【(C)走るひと】

 学生時代にスポーツテストの成績優秀者として表彰されていたというだけあり、瞬発力を必要とするトレーニングでは軽やかな身のこなしを見せてくれた。

【(C)走るひと】

 セッション最後の種目「SPEED CIRCUIT」では、アンカーを務めた。素早く正確なステップでクリアするも、僅差で相手チームに敗れてしまう。ゴール後、悔しさのあまり地団駄を踏む様子は、彼女が秘める闘争心を垣間見た瞬間だった。
 それでも「学校のスポーツテストみたいで、なんだか懐かしかったです。久しぶりに運動できて、めちゃめちゃ楽しかった!」と、爽やかな笑顔を見せてくれた。

1/2ページ

著者プロフィール

雑誌『走るひと』/HASHIRUHITO

東京をはじめとする都市に広がるランニングシーンを、魅力的な走るひとの姿を通して紹介する雑誌メディア。いま、走るひととはどんなひとなのか。距離やタイム、ハウツーありきではなく、走るという行為をフラットに捉え、さまざまな走るひとの個性や内面を深掘りし、数年前とはひとも景色もスタイルも明らかに異なるシーンを捉えます。テーマは「僕らを走らせるひと」。僕らを走りたくてしようがなくさせるものたちを紹介していきます。年2回発行(予定)。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧