魅力的な走るひとたち 雑誌『走るひと』──とまらない編集後記Vol.1

【(C)走るひと2】

 さまざまなジャンルで活躍する走るひとたちの、普段とは少し違ったスタイルや表情、そして内面から湧き上がる走る理由など、僕らを走りたくてしようがなくさせるものたちを紹介する雑誌『走るひと』。その第2号である『走るひと2』(2015年4月発売)の制作意図や取材時のエピソード、そして魅力的な出演者たちの印象を、愛を込めて、編集長の上田唯人と、副編集長の菅原さくらが語る。

Photo & Text : Kyoka Sasanuma(『走るひと』編集部)

魅力的なひとに、走っているひとが多かった

【(C)走るひと2】

上田 雑誌『走るひと』には、創刊号から一貫して、トップアスリートが一人も“走るひと”としては出演していません。今回の『走るひと2』では、為末大さんとか、青山学院大学の神野大地くんに出演してもらっているけれど、本来は“走るひと”としてインタビューを受けるべきひとに、あくまで“走るひとを客観的にあぶり出してくれるひと”として出ていただいている。だから、トップアスリートが出ていないのに、「走るひと」っていう名前でようやった(雑誌を出版した)なって、よく言われます。

 ただ、出演者たちがトップアスリートじゃないからというだけで、ランニングブームだからとかシリアスさが欠けるとか思われたりする可能性もあって。そう見えるある種のカジュアルさも大切だけど、僕たちがどれだけ“いま走ること”の本質的な部分に思いをめぐらせて、まっすぐに向き合っているかということとかを、お伝えできたらいいなと思っています。

さくら どうやって出演するひとを決めているのかっていうの、よく聞かれますよね。今までの出演者にミュージシャンの方が多いから、なんでミュージシャンばっかりなのかとか、どういう観点で選んでいるのかって。

【(C)走るひと2】

上田 そうなんですよね。僕らがどんな方に出ていただきたいと思っているか。まあ、走っているっていうことは大前提なんだけど……なんか、ひとから入ってるよね。「このひとおもしろいな〜」から入って、走っているかめっちゃ調べる。「このひと走ってそうだな」って、会う前から(笑)。

さくら 「このひと走ってたらいいな〜」みたいな(笑)。でも結構そういう、魅力のあるひととか素敵なひとって、走ってますよね。

上田 そうなんよね。だから最近、「このひと走ってたらいいな〜」から「このひと絶対走ってるやろ」になって、それが当たる打率がもう、5割ぐらいまで上がってきた(笑)。

 それで、あらためて僕らがどういうひとに魅力を感じたり、わくわくしたりするのかって考えたら、“自分の言葉を持ってるひと”なんやと。じゃないと、走るってめっちゃ単純なことだし、こんなに話題にもなり得ない。

 それで自分の言葉でしゃべってくれるようなひとの言葉や、表現の一つひとつに魅力を感じて、そのひとがミュージシャンだったら音楽だし、クリエイターだったらその作品だし、アスリートだったらパフォーマンスとか、観客に投げかけてるいろんな言葉だし……そういうのに惹かれて、気が付いたら(本人や事務所に)連絡してます。

さくら 自分の言葉があるひとたちやからこそ、インタビューするときにめっちゃ話出てくるじゃないですか。それで、一つひとつのフレーズとかエピソードにすごくグッとくる。「走ることについて話してるだけで、そんなに出てくる?」って、毎回びっくりしてます。感動して言葉を失って、次の質問が出てこなくなることもあったり……熱量がすごすぎて、インタビューが終わったあとはぐったりするもん(笑)。自分たちから聞いてるにもかかわらず、その熱に当てられてしまって。

1/2ページ

著者プロフィール

雑誌『走るひと』/HASHIRUHITO

東京をはじめとする都市に広がるランニングシーンを、魅力的な走るひとの姿を通して紹介する雑誌メディア。いま、走るひととはどんなひとなのか。距離やタイム、ハウツーありきではなく、走るという行為をフラットに捉え、さまざまな走るひとの個性や内面を深掘りし、数年前とはひとも景色もスタイルも明らかに異なるシーンを捉えます。テーマは「僕らを走らせるひと」。僕らを走りたくてしようがなくさせるものたちを紹介していきます。年2回発行(予定)。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧