カラダにいい「アート」第一回 トイレ・うんちについてお勉強

カラダにいい100のこと。

【カラダにいい100のこと。】

【カラダにいい100のこと。】

 私たちのカラダや生活と深く関わっていながらも、なぜか目をそむけられがちな「トイレ」事情。今回は、そんなトイレについて子どもから大人までじっくり学んで遊べる企画展「トイレ? 行っトイレ! 〜ボクらのうんちと地球のみらい」をご紹介。

 日本科学未来館にて10月5日(日)まで開催中(現在は終了)の「トイレ? 行っトイレ!」展。会場は、プロローグからエピローグまで8つのエリアがあり、うんちやトイレのキャラクターがナビゲートしてくれる。

 入り口を入るとすぐに、日本の最先端トイレが登場し、自動開閉するフタや、セルフクリーニングなど、賢く洗練された最新機能に驚かされる。そこからエリア1へ進むと、そこでは健康を左右する腸内細菌の話や、動物のうんちを観察するコーナーが。バランスの悪い食事やストレスをためていると、腸内環境が悪化して肌あれや体重が増えるなど、美容と健康面に不調をきたすことも。腸内環境に応じたさまざまな状態のうんちの模型を見ることで、自分の腸内の状況を確認してみてほしい。

1/2ページ

著者プロフィール

カラダにいい100のこと。

雑誌『BRUTUS』が編集するオンラインメディアです。現代を生きる人々の生活の中に、美と健康とカラタづくりのヒントをお届けしていきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧