あなたの子供も浅田真央になれる!? 向いているスポーツが分かるテスト

スポーツ能力発見協会

【服部裕介】

【服部裕介】

 浅田真央、イチロー、石川遼、錦織圭――ここに名前を挙げたトップアスリートには、ある共通点があるのだが、読者の皆さんはお分かりだろうか?

 それは英才教育によって才能を伸ばし、スポーツ界のトップへと上り詰めたという点にある。英才教育とは、優れた才能を持つ子供たちに対して、その能力をさらに伸ばすために行う特別な教育である。

「だったら、自分の子供も早いうちから教育すれば……」。小さなお子さんをお持ちの方なら、一度はそんな夢を抱くはずだ。だが、そこでふと疑問に思う。「とはいえ、自分の子供は一体、何に向いているんだろうか?」と。

 でも仮に、「受けるだけで、何に向いているかが分かる」スポーツテストが存在したらどうするだろうか? 実は今、そんな“魔法のテスト”がスポーツ界で話題になっているという。

自らが輝けるスポーツに出会うことができる

【服部裕介】

 そのテストとは、一般社団法人・スポーツ能力発見協会(東京都板橋区)が主催する「スポーツパフォーマンス測定会」だ。

 特徴は、日本代表クラスのトップアスリートも活用する世界最新鋭の計測機器を用いて、今までの運動の現場では測定困難だった「パワー」、またパワーを発揮するために必要な「筋力」「スピード」の値や、走り出しの「初速」「加速度」「一歩毎のストライドやピッチ」などを計測。
 日本におけるスポーツサイエンスの第一人者である龍谷大学・長谷川裕教授の研究内容やアドバイスに基づいてその場でデータを割り出し、さらに「自分に向いているスポーツ競技」までアドバイスしてくれるという。

【服部裕介】

【服部裕介】

 子供たちの運動能力を細かく理解するだけではなく、69種目というたくさんのスポーツ競技から、それぞれに向いているスポーツを10種目提示。それによって、運動に対する関心や意欲が高まるだけではなく、子供たちは自らの特技をきちんと知ることで、自信を持つことができる。

 つまりは、「近所にこのスポーツチームがあるから」「親がやれと言うから」「友達がやっているから」という“偶然”ではなく、スポーツパフォーマンス測定会の結果という“必然”によって、子供たちは自らが輝けるスポーツに出会うことができるわけだ。

1/2ページ

著者プロフィール

スポーツ能力発見協会

本協会が行う測定会では、スプリントスピード、ジャンプ力、敏しょう性、反応力、上腕パワーを世界最新鋭の機器で測定し、それぞれの子供の優れた能力および本人に向いている種目のアドバイスを行うなど、スポーツと子供との必然の出会いを創出している。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧