【女子必見!】 ボルダリングが、理想的なスタイルへの近道になる。

STANDS!

【STANDS!】

今、健康美という観点からも注目されているボルダリング。

 自分で道具を準備する必要がなく、ランニングよりも気軽に始められることから、ジワジワとその人気が上がっているボルダリング。前編では、「ボルダリングでビジネス感覚を養う」といった観点で、その魅力を紹介してきました。

 後編のテーマは、「ボルダリングと美」の関係性。インナーマッスルも使う全身運動であるボルダリングは今、フィットネスの面でも注目が集まっています。健康美なカラダを目指す女子はぜひ、チェックしてみてください。

カラダのことを気にするキッカケになり、食生活が変わる人も!

【STANDS!】

 一つ注意して欲しいのが、ボルダリングは有酸素運動ではないということ。ですから、プレイすることによって痩せる、直接的にダイエットに繋がると考えるのはNGです。

 しかし、ボルダリングにハマっていくと、「あのコースをクリアするためには、体重を減らした方がいいかも」、「もっとしなやかに動けるカラダにならなければ」と、カラダのことを気にかける、一つのきっかけを与えてくれます。

 その結果、3食をバランス良くとるようになったり、タンパク質とビタミンを意識的に摂取するクセがついたりと、カラダに良い食材を進んで食べるようになると言います。

 また、「もっと柔軟性が欲しい」という理由で、ヨガなど違うアクティビティに派生していく女性クライマーが多いとか。この点についてインストラクターにうかがってみると、「理想的な体型の人が、いいクライマーというのは多い。ボルダリングが上手くなりたいと食事などを意識した結果、理想的な体型に近づいていると思います」と語っています。

インナーマッスルが鍛えられて、バランスの良いカラダに近づく!

【STANDS!】

「ボルダリングって、腕の筋肉が大事なスポーツでしょ?」、という先入観があると思いますが、実は腕の力はあまり必要ではありません。ボルダリングは、全身を使うスポーツ。むしろ、足の使い方が重要で、「足8、腕2」とまで言われています。

 エイペックス クライミングジムのインストラクターもこう話しています。「どこの筋肉を鍛えればいいんですか? とよく聞かれますけど、大事なのはどう登るかです。女性の方が向いているスポーツと言えるかもしれないですね」

 ですから、腕の筋肉ではなく、むしろ足の筋肉やバランス感覚が大切。運動神経が良い悪いもあまり関係ないので、学生時代、運動が嫌いだった人もその面白さにすぐに気づくハズ。

 また、登るときに様々な筋肉を使うことによって、二の腕やウエストが引き締まったり。筋肉がつくことで、脂肪の燃焼効率が上がったりと、様々な副産物があるのもボルダリングの特徴。

※ちなみに、ムキムキになるわけではないので、そこはご安心を。体幹、そしてインナーマッスルを中心に鍛えられるので、しなやかで健康的なカラダに近づきます。※やり過ぎには注意。

1/2ページ

著者プロフィール

STANDS!

「スポーツをプラスすれば、毎日はもっと楽しくなる」をコンセプトに、カラダを動かすことの楽しさや面白さを伝えるWEBマガジンです。STANDS!では、スポーツをはじめるにあたり、行動に移せていない潜在層に対して、「スポーツ×ビジネス」という独自の観点からのインタビュー記事や、健康に関するコンテンツ、注目イベントの紹介・レポートを配信することにより、「カラダを動かすきっかけ」を提供しています

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧